犬の鼻炎

 鼻炎とは、鼻の中の粘膜に炎症が発生した状態を言います。

 犬の鼻粘膜とは、鼻腔(びくう)とも呼ばれる鼻の穴の内側を、まるで壁紙のように埋め尽くしている組織のことです。鼻腔には「鼻甲介」(びこうかい)と呼ばれる棚のような突起があり、粘膜の表面積を著しく増大しています。以下は人間と犬の鼻腔を断面にした時の比較図です。人間には上中下という3つの鼻甲介があるのに対し、犬では「背鼻甲介」と「腹鼻甲介」という2つしかありません。その代わり、腹鼻甲介が複雑なひだ構造をしているため、トータルの表面積では人間を圧倒的に上回っています。黒い突起が鼻甲介、赤い内貼り部分が粘膜です。水色の空間には鼻から吸い込んだ空気が通ります。

鼻粘膜のどこにかに刺激が加わり、炎症を起こした状態が「鼻炎」です。炎症の初期段階では、まずサラサラとした鼻水が分泌されます。この刺激が慢性化すると徐々に炎症が広がり、免疫細胞を含んだネバネバした鼻水に変わっていきます。さらに炎症が進むと、鼻粘膜の上部が破壊されて「びらん」という状態へ悪化し、「あおっぱな」と鼻血が混じったようなドロドロした鼻水となります。最終段階は、慢性的な炎症による付近の骨の融解や、病原体の脳への侵入です。

犬の鼻炎は、ウイルスや細菌などによる感染症からくるもの、アレルギーまたは鼻腔内の腫瘍によるもの、異物の吸引や口腔内の疾患に続いてして発生するものなど様々な原因があります。


  • 犬の鼻炎の症状
  • 犬の鼻炎の主な原因
  • 犬の鼻炎の主な治療法
  • 犬の鼻炎の予防

犬の鼻炎の症状

主な症状
☆鼻水
☆鼻を気にするそぶりを見せる
☆鼻腔が狭まり呼吸が荒くなる
☆くしゃみ
副鼻腔炎
流涙症
結膜炎角膜炎
口内炎

  鼻炎の代表的な症状は、くしゃみと鼻水です。症状が悪化してくると鼻づまりの症状や粘液性の膿のような鼻汁がみられ、血液が混ざることもあります。そうなってくると、犬も人間同様に鼻で呼吸することが難しくなり、口をあけて呼吸したりするようになります。

犬の鼻炎の主な原因

  • ウイルスによる鼻炎
    ウイルスではジステンパーケンネルコフ(アデノウイルスII+イヌパラインフルエンザ+イヌヘルペス)、真菌ではアスペルギルス、アオカビ、ライノスポリジウム、ブラストマイセスデルマチチジス、クリプトコッカスなどがよく鼻炎を引き起こします。特にマズルが長い長頭犬種では、アスペルギルス症の発症率が高いとされています。

  • ダニによる鼻炎
    「鼻ダニ」と呼ばれているダニの一種や、一部の線虫が鼻炎を引き起こすことがあります

    たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

     大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
     かなりの請求金額になる事はよくあります。

     ケガや病気で手術が必要となった場合、
     「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
     どうしますか?
     
     いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

     保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
     保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
     「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

     ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
     ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

     大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

  • 生まれつきのハンデによる鼻炎
    口蓋裂や繊毛運動障害といった先天的なハンデを持った個体では鼻炎を発症しやすくなります

  • 腫瘍による鼻炎
    鼻の中のできものが鼻炎を引き起こすことがあります。具体的には腺癌、軟骨肉腫、骨肉腫、リンパ腫、良性のポリープなどです。鼻水や鼻血が片方の鼻だけから出ているような場合は、まず腫瘍の可能性を考慮します。

  • アレルギーによる鼻炎
    体内に入ってきた異物に対して免疫系が過剰に反応する「アレルギー」によって引き起こされた鼻炎は、特に「アレルギー性鼻炎」と呼ばれます。アレルギーを引き起こす「アレルゲン」(抗原)が何であるかは、個体によってまちまちです。一般的には花粉、粉じん、煙、ガスなどが考えられますが、犬では比較的少ないとされます。それよりも、散歩中に植物の種などが鼻の穴から入って炎症を引き起こす単純なケースが多いようです。

犬の鼻炎の主な治療法

 鼻炎の治療は投薬治療の場合がほとんどです。多くの場合、抗生物質や消炎剤などの投与が必要となります。歯周病や腫瘍といった他の病気から派生している鼻炎の場合は、その元となる病気を取り除く治療を優先して行います。その後、鼻炎の治療をすることになります。

  • 吸入器による治療
    症状が重く、犬が呼吸困難を示しているような場合は、取り急ぎネブライザーと呼ばれる吸入器を用い、鼻やのどに薬剤を噴霧して炎症を抑えます

  • 抗生物質による治療
    ウイルスが原因の場合は抗生物質、真菌が原因の場合は抗真菌薬が投与
    されます。ただし鼻腔内は細菌の種類が多いため、培養しても原因菌を特定できないことがしばしばです。そんな場合は、ブドウ球菌、レンサ球菌、ナイセリア、バチルス、大腸菌、パスツレラ菌にあたりを付けた薬剤の選択が行われます。

  • 投薬による治療
    ダニや寄生虫が原因の場合は駆虫薬が投与されます。鼻ダニに対してはイベルメクチンが著効しますが、遺伝的に受け付けない犬種(コリーなど)もいますので、獣医師と相談した上で最善策を決めます。
  • 手術による治療
    腫瘍や異物など、鼻の中に障害物がある場合はこれを除去するような手術が行われます。

犬の鼻炎の予防

鼻炎の中にも、予防ができる鼻炎とできない鼻炎があります。歯周病などが原因のものは、日頃の歯のケアが有効な予防となります。
また、散歩後や嘔吐後にくしゃみや鼻水が増える場合は、異物を吸い込んだり、嘔吐物が鼻のほうに入り込んでいる可能性があるので、早めに病院に行くようにしましょう。
鼻炎にかかる理由は多岐にわたるので、ワクチンの予防接種をするのが最善でしょう。動物病院を定期的に受診して予防接種を受けるようにすれば、発症確率もぐんと下がります。
検査は主に、頭部のX線検査と鼻汁の培養検査です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA