犬の腸重積(ちょうじゅうせき)

犬の腸重積~愛犬が食欲や元気がなく、嘔吐や腹痛がみられたら~

 犬の腸重積(ちょうじゅうせき)とは、腸の一部が内側にめくれ、腸管の中に入り込んでしまい、抜けなくなった状態を言います。1歳に満たない幼犬に起こりやすく、腸閉塞を併発しやすい為、とても重篤な病気です。

 折り重なった下の腸管を「嵌入部」(かんにゅうぶ)、上に覆いかぶさった腸管を「嵌入鞘」(かんにゅうしょう)と呼びます。重積は基本的にどこでも起こりうる病態ですが、最も多いのが小腸と結腸の移行部に当たる「回盲腸部」で、それに「盲腸~結腸移行部」、「十二指腸~胃移行部」、「胃~食道移行部」などが続きます。
 腸の折り重なった部分は正常の大きさに広がることができないため、内容物が滞留を起こして腸閉塞につながることもしばしばです。腸が完全にふさがってしまうと、血液がせき止められて組織が壊死を起こし、命にまで危険が及ぶため、緊急の手術が必要となります。

 ここでは、犬の腸重積の主な原因はもちろん、症状から対処法、予防法などをまとめていますので、是非ご参考になさってみてくださ。


  • 犬の腸重積の主な症状
  • 犬の腸重積の主な原因
  • 犬の腸重積の主な治療法

犬の腸重積の主な症状

 犬の腸重積の主な症状は、嘔吐や食欲や元気がなく、腹痛やお腹が膨れる症状などがみられます。重篤な場合にはショック症状を引き起こすことがあります。

主な症状
☆腹部への接触を嫌がる
☆食欲不振
☆嘔吐
☆脱水症状
☆しぶり腹(便を出そうとするが出ない)

犬の腸重積の主な原因

 腸重積が発生する原因として、腸管内の誤飲による異物や寄生虫、腸内の腫瘍などがあげられます。また、各種細菌の感染症などにより激しい下痢が起こった場合などにも腸重積になることもあります。

  • 大腸炎
  • 下痢
  • 寄生虫
  • 腸内の腫瘍
  • 異物
  • 過去に行った手術

犬の腸重積の主な治療法

 腸重積は重積部分を整復する手術を行います。腸管のダメージが深刻な場合には、整復ではなく重積部分の切除をすることになります。また、脱水を改善するために輸液を行い、ショック状態の場合にはステロイド剤の使用などの抗ショック療法も必要になります。

  • 重積の整復
    犬が脱水症状に陥らないよう輸液を行いながら、重積部分を整復します。腸自体に障害がなければ、腸管を元の状態に戻すだけで症状が消えます。

  • 手術による患部の切除
    症状が重く、血行障害で重積部分が壊死(えし)を起こしている場合は、外科手術によって患部の切除が行われます。

犬の腸重積の予防

 定期的な健康診断で寄生虫の確認をし、ワクチン接種を行うことにより感染症を予防する事になり、腸重積になる可能性を潰すことができます。異物の誤飲を防ぐためにも、部屋の中を片付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA