犬の破傷風(はしょうふう)

犬の破傷風~口が開きにくくなり、よだれを垂れ流していたら~ 

 犬の破傷風(はしょうふう)とは、破傷風菌(Clostridium tetani)によって引き起こされる細菌感染症です。
 ヒトにも他の動物にも感染する人獣共通感染症(じんじゅうきょうつうかんせんしょう)の一つであり、日本では感染症法によって、診断した医師は7日以内に最寄りの保健所に届け出ることが義務化されています。
 ヒトへの感染例に関しては、先進国では三種混合ワクチン等が普及した影響で少ない一方、発展途上国では新生児のへその緒の不衛生な切断による「新生児破傷風」が多数報告されています。
 なお、犬から犬、犬から人というように、個体から個体へ感染するということはありません
 破傷風菌は哺乳動物の腸管内に見られるありふれた細菌ですが、傷口に付着してしまうとそこで芽胞を形成し、「テタノスパスミン」と呼ばれる強力な毒素を産出するようになります。
 そしてこの毒素が運動神経と中枢神経にダメージを与え、様々な症状を引き起こします。潜伏期には数日~数か月と大きな幅がありますが、おおむね感染から10~14日後です。

ここでは、犬の破傷風の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非ご参考になさってください。


  • 犬の破傷風の主な症状
  • 犬の破傷風の主な原因
  • 犬の破傷風の主な治療法

犬の破傷風の主な症状

犬の破傷風の主な症状としては、口が開きにくくなり、よだれを垂れ流すのが代表的です。
その外にも、瞳孔がずっと縮小したままになったり、まぶたがひきつったり、顔のひきつりや耳が立ちっぱなしになるなどがあげられます。
さらに症状が進むと、全身性のけいれんが起こり、発症から5日程度で死亡してしまいます。

主な症状
☆頭の片側だけにおこるけいれん(まぶたのひきつり・鼻の穴が広がる・口をあけられない)
☆眼球陥没と第三眼瞼の露出
☆首の強直
☆四肢の強直やけいれん
☆音・光・振動への過敏
呼吸困難
☆死亡(のどや呼吸菌の痙攣)

犬の破傷風の主な原因 

  • 外傷や骨折
    土壌中に存在する破傷風菌は、犬の体表が土に触れたときに傷口から侵入します。

    傷口は骨折部や裂傷など大きなものから、擦り傷ややけどなど小さなものまで様々です。
    破傷風の症状はあるけれども、傷口は見つからないといった現象もよく起こります。

犬の破傷風の主な治療法

 硬直した四肢は通常1週間ほどで元に戻りますが、神経に結合した毒素の量が多い場合は3~4週間かかることもあります。

  • 投薬治療
    傷口と全身にペニシリンを投与
    したり、毒素を中和するために抗毒素血清を用いたりします。
    なお人間において外傷後に用いられる破傷風トキソイドは、犬や猫においては推奨されていません

  • 対症療法
    症状の軽減を目的とした各種の治療
    が施されます。
    栄養剤を投与して食事の代わりとしたり、強直や痙攣を緩和するため、鎮静薬が用いられたり。
    呼吸困難が起こった場合は酸素吸入なども行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA