犬の内耳炎

犬の内耳炎~頭が斜めに傾いて戻らなかったり、黒眼が左右に揺れていたら~

耳の構造は外側から外耳、中耳、内耳に分けらています。
犬の内耳炎とは、耳の奥にある内耳と呼ばれる部位に炎症が発生した状態のことです。

内耳は聴覚に関わる「蝸牛」(かぎゅう)という器官と、バランス感覚に関わる「三半規管」(さんはんきかん)という器官から構成されており、聴覚と平衡感覚に関係する神経が伸びてきています。

「蝸牛」は「蝸牛神経」を通して音を脳に伝えます。
「三半規管」は「前庭神経」(ぜんていしんけい)を通して体の位置情報を脳に伝えるのが役割です。
両方を合わせて「内耳神経」(ないじしんけい)、もしくは「第八脳神経」といいます。
内耳炎の症状は、蝸牛神経と前庭神経のどちらに炎症が発生したかによって違ってきます。
内耳炎でみられる神経症状は、他の重大な病気の可能性も考えられますので、状況によりさまざまな検査の実施を行う必要があります。

早期の対応がとても大切です。
耳を痒がる、耳の穴周りの皮膚が赤い、臭いがする、耳垢が増えるなどの症状が見られたら、病院を受診し治療を行いましょう。

ここでは、犬の内耳炎の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。


  • 犬の内耳炎の主な症状
  • 犬の内耳炎の主な原因
  • 犬の内耳炎の主な治療法

犬の内耳炎の主な症状

犬の内耳炎の主な症状としては、斜頸(しゃけい)と呼ばれる頭が斜めに傾いて戻らない症状や、ぐるぐる回る旋回したり、眼振と言って黒眼が左右に揺れるなどがあげられます。
下記に蝸牛神経と前庭神経のどちらに炎症が発生したかによって違ってきますので、それぞれの主な症状をまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。

  主な症状
蝸牛神経の炎症 難聴(呼びかけに無反応など)
前庭神経の炎症

・足元がふらつく
・まっすぐ進もうとしても目が回った時のように回転してしまう
・眼振(目玉がこきざみに震える)
・頭の傾斜
・吐き気
・嘔吐

犬の内耳炎の主な原因

犬の内耳炎の原因は、中耳炎から炎症が広がったものが大半です。
その他の原因は、感染症や腫瘍・ポリープなどがあります。
それらを下記にまとめています。

  • 中耳炎からの波及
    中耳炎を患っている場合炎症が隣接している内耳に波及してしまうことがあります。

  • 内耳の腫瘍やポリープ
    内耳そのものの中に腫瘍やポリープが発生し、炎症を引き起こすことがあります。

  • ウイルスや細菌の感染症
    何らかの感染症にかかっているとき、ウイルスや細菌が血液に乗って内耳にたどり着き、そこで炎症を引き起こすことがあります。

  • 耳の洗浄液による炎症
    外耳炎中耳炎治療の一環として洗浄液を用いた場合、液体が内耳にまで侵入して炎症を引き起こすことがあります。
    こうした形での発症を「医原性の内耳炎」といい、鼓膜が破れているにもかかわらず、アミノグリコシド、ヨード化合物、クロルヘキシジン、クロラムフェニコールといった消毒薬を使用したときに発生します。

犬の内耳炎の主な治療法

犬の内耳炎の主な治療法としては、外耳炎や中耳炎を併発している場合、その治療が行われます。
なかなか治らない場合や慢性化した場合は、外科的治療を行います。

  • 外耳炎や中耳炎、腫瘍の治療
    内耳炎が外耳炎中耳炎に併発しているような場合は、まずはこれらの疾患の治療が優先されます。
    内耳炎の多くは、抗生剤の長期間(6~8週間)の内服により治癒します。
    炎症や痛みが激しい場合は、炎症を引き起こしている病原体を特定してステロイドや非ステロイド抗炎症薬を投与するなどです。
    また腫瘍やポリープがある場合は外科手術が必要となります。

  • 鼓膜を切開して洗浄
    症状がひどい場合は、鼓膜を人為的に切って中耳を露出し、そこを温めた滅菌生理食塩水で洗浄することがあります。
    ただしアミノグリコシド、ヨード化合物、クロルヘキシジン、クロラムフェニコールといった消毒薬は、逆に内耳炎を悪化させる可能性があるため避けられます。

  • 運動制限
    内耳炎が前庭神経に波及してバランス感覚が障害されているような場合は、怪我を予防するため運動を制限します。
    具体的には交通量の多い場所を散歩しない、水のある場所は避けるなどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA