犬の鼓腸症(こちょうしょう)

犬の鼓腸症(こちょう症) ~胃や腸にガスが溜まりゲップやオナラが出る~

胃、小腸、大腸に余分なガスがたまった状態のことです。
胃のガスが口から出た場合は「げっぷ」、腸のガスが肛門から出た場合は「おなら」と呼ばれます。
「犬の鼓腸症(こちょうしょう)」は、 正式には胃拡張・捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん)と言う病気です。
胃拡張は大腸の中の細菌・微生物の働きで、穀物などが発酵してガス、つまりおならが発生する状態です。
もう一つは、犬の胃が拡張して捻転を起こし、胃の出入り口が閉まるのと同時に、血液が胃に行かなくなって壊死してしまう状態です。

犬のおならには臭くないものと臭いものとがあります。
前者は全体の9割以上を占め、窒素、酸素、水素、メタン、二酸化炭素といった空気と同じ成分で構成されています。
後者は残りの1割弱で、成分はアンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性の短鎖脂肪酸など、鼻にツンと来るものばかりです。
中~大型犬が悪臭付きのおならを頻発すると、時として人間との共同生活に支障をきたすような問題にまで発展します。


  • 犬の鼓腸の主な症状
  • 犬の鼓腸の主な原因
  • 犬の鼓腸の主な治療法

犬の鼓腸の主な症状

主な症状
☆げっぷをする
☆おならが多い
☆おなかが鳴る
☆嘔吐
☆下痢

かなり重い場合、食後2時間~6時間ぐらいにお腹が急速に膨らみ始めます。
犬は苦しそうによだれを垂らし、吐こうとしますがなかなか吐く事ができません。
拡張した胃は腹部の静脈を圧迫し、血液の循環障害を起こします。
症状は急速に危篤状態に陥り、立つ事すらもできなくなります。

犬の鼓腸の主な原因

  • 空気を飲み込むことで腸管内にガスがたまってしまうことがあります(呑気症)。
    特に早食いや大食いを習慣としている犬においては、食物と一緒に空気も飲み込んでしまう傾向がありますので危険です。

  • 犬の腸内には「腸内細菌」と呼ばれる多種多様な細菌が生息しています。
    これらの細菌は、犬の酵素では消化しきれなかった「食物繊維」を栄養源として生きており、副産物として様々な気体を生成します。
    食物繊維が多すぎたり、腸内細菌が多すぎたりすると、過剰に生産されたガスが腸内に溜まり、鼓腸を発症します。
 

※犬と猫は「乳糖不耐症」(にゅうとうふたいしょう)という体質を持っています。
これは、炭水化物の一種である「ラクトース」(乳糖)を分解する「ラクターゼ」という酵素を十分に持っていないため、ラクトースを含んだ乳製品をうまく分解できない状態のことです。
分解できるのは、体重1kg当たり1.3g程度が限界で、それ以上になると未分解のラクトースが下痢を引き起こしたり、腸内細菌に分解されてガスの原料になってしまいます。

犬の鼓腸の主な治療法

  • 食事の改善
    鼓腸を予防する際の第一の選択肢は、ガスの発生を促進させている食事内容を変更することです。
    具体的には、食物繊維を減らす、乳製品を食べさせない、腐ったものを食べさせないなどです。
    またフードを変更する際は、消化不良を避けるため、最低でも1週間かけてゆっくり行うようにします。
    なお食物繊維とは、腸内微生物でしか分解されない物質の総称であり、代表的なものを発酵の速いものから挙げると、ペクチン(植物の細胞壁成分)、グアガム(グアー豆の胚乳部)、大豆、ふすま(穀物を精白した際に出る果皮、種皮、胚芽など)、ビートパルプ(サトウダイコンから砂糖を抽出したあとに残る出涸らし)、大豆の殻、ピーナツの殻、セルロース(植物の細胞壁成分)となります。

  • 早食いの防止
    食餌の仕方を変えるだけで鼓腸を予防できることがあります。
    具体的には、早食いできなくする、運動直後の給餌を辞めるなどです。
    早食いを防止させる際は、一気食いできないようにデザインされた食器を用いたり、エサをシートの上にばらまくように置いてゆっくり食べさせるなどの方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA