犬のファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)

 心臓に4つの奇形を同時に持った状態を言います。
 具体的には肺動脈狭窄症、心室中隔欠損、右心室肥大、そして大動脈の右方転移(大動脈騎乗)という4つの奇形を指し、先天的な病気であるため、生後まもなく症状を示し始めます。特に心室中隔欠損の影響が大きく、本来肺動脈から肺に流れていくはずの血液が左心室に流入してしまうと、全身への酸素供給が阻害されてチアノーゼを発症します。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

主な症状
☆呼吸困難(運動時のみも)
☆咳
☆運動を嫌がる
☆昏倒(酸欠による)
☆おなかがふくれる(腹水)
☆四肢のむくみ
☆チアノーゼ(酸欠で口内粘膜が青紫になる)

 

犬のファロー四徴症の主な原因

犬のファロー四徴症の主な治療法

  • 疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした治療が施されます。薬物療法、および激しい運動を避けて安静を保つことが主な治療となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA