犬のマダニ症

犬のマダニ症~皮膚炎や貧血、けいれんや麻痺の症状があったら~

 犬のマダニ症とは、ダニの一種である「マダニ」に咬まれることで発症する病気のことです。
 マダニに咬まれると、皮膚炎や貧血、栄養障害などの症状を引き起こします。
 また、マダニはさまざまな感染症の原因となる病原体を運びます。
 場合によっては命に関わる危険性もあります。

 マダニとは、主に屋外の山野に生息している大型のダニのことで、家庭の中で見られるコナダニやチリダニ、あるいは動物の皮膚に穴をあけて居座るヒゼンダニといった種類とは違います。

 マダニは一生のうちに1~3種類の宿主に寄生し、血を吸うことで栄養を補給します。
 口の先はまるでノコギリのようにギザギザになっているため、宿主の皮膚を切り裂きます。
 マダニに大量に寄生され、大量に吸血されると、貧血を起こします。

 ここでは、犬のマダニ症の主な原因はもちろん、症状から対処法どをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。


  • マダニによる一次被害と主な症状
  • マダニによる二次被害と症状
  • 犬のマダニ症の主な原因
  • 犬のマダニ症の主な治療法

マダニによる一次被害と主な症状

 マダニに食い破られた皮膚表面では、破損した皮膚の細胞とマダニから分泌された唾液成分(吸着セメント)によって免疫反応が起こります。
 場合によっては、痛みやかゆみが生じます。
 この炎症がマダニによる一次的な被害です。

主な症状
☆刺咬部位の痛みやかゆみ
☆歩行障害
☆貧血(重症例)

 

マダニによる二次被害と症状

 マダニによる被害は、刺咬部位の炎症だけにとどまりません。
 体内に保有した様々な病原体を宿主の体内に送り込み、重大な感染症を引き起こすこともあります。
 この被害は、犬や猫と言ったペット動物のみならず、人間にも及ぶことがありますのでますます厄介と言えるでしょう。
 以下は、主に日本国内で見られるマダニ媒介性の疾患です。

日本紅斑熱 キチマダニ、フタトゲチマダニ、ヤマトマダニなどが媒介します。
病原体はリケッチアの一種「リケッチア・ジャポニカ」です。
2~8日間の潜伏期を経て、頭痛、発熱、倦怠感、発疹を発症します。
ライム病 シュルツェマダニなどが媒介。病原体は「ボレリア」です。
初期において倦怠感、頭痛、発熱、紅斑など、インフルエンザに似た症状を示したのち、神経、循環器、皮膚、目、関節など多様な部位に発展します。
流行地域は本州中部以北で、特に北海道や長野県に多いです。
ダニ麻痺症 メスダニの唾液に含まれる神経毒によって起こる麻痺があります。
6~9日間の潜伏期を経て、迷走神経、顔面神経、三叉神経といった脳神経のほか、交感神経系や呼吸筋を障害することもあります。
重症熱性血小板減少症候群(SFTS) 近年、確認された新しい疾患です。
フタトゲチマダニ、ヒゲナガマダニ、オオトゲチマダニ、キチマダニ、タカサゴキララマダニなどが媒介していると推測されます。
病原体は「SFTSウイルス」です。
発熱、消化器症状といった症状が中心ですが、重症化した場合は血小板が減少し、死亡することもあります。
バベシア症 病原体は原虫の一種「バベシア」です。
日本においては、「Babesia canis」による「犬バベシア症」の症例が沖縄で、そして「Babesia gibsoni」による「ギブソン犬バベシア症」の症例が西日本で散見されます。
約2~4週間の潜伏期を経て、溶血性貧血、倦怠、食欲不振、発熱といった症状を示します。
症状が重い場合は急死することもあります。
Q熱 病原体はリケッチアの一種「コクシエラバーネティー」です。
動物においてはあまり症状が出ないが、人に感染した場合は発熱、頭痛、筋肉痛といったインフルエンザに似た症状を示したのち、肺炎、肝炎、心内膜炎などに発展することもあります。
野兎病 野兎からの感染がほとんどだが、マダニが媒介することもある。
病原体は「野兎病菌」(やとびょうきん)です。
東北地方全域と関東地方の一部で多いです。
1週間程度の潜伏期を経て、40℃近くに達する急な発熱、寒気、頭痛、筋肉痛といったインフルエンザに似た症状を示したのち、皮膚の膿瘍、リンパ節の腫脹に発展します。

犬のマダニ症の主な原因

マダニの寄生・吸血
 犬に寄生するマダニは数多くの種類があることが知られています。
 主に春から初夏にかけて木や草の生い茂った地域を歩くことで寄生しますが、冬の感染や都会での寄生(公園や道路沿いの植え込みなどで)も報告されています。
 マダニは前足の先端部分に「ハラー器官」(Haller’s organ)と呼ばれる特殊なセンサーを持っております。
 それにより哺乳動物から発せられる二酸化炭素、体温、振動などを感知することができます。
 マダニの多くが草むらにじっと身を潜めているのは、そこが宿主となる野生動物の通り道で、待ち伏せしやすいからです。
 都市部においても、草地や池があるような公園、河川敷などにも生息しており、感染の危険性があります。

犬のマダニ症の主な治療法

ダニを取り除く・引き抜く
 犬の皮膚に食いついているダニを見つけたら基本的には獣医さんに抜いてもらったほうが無難です。
 しかしちゃんとしたコツさえつかめば一般人でも可能ではあります。
 鉗子でなるべく皮膚に近いところを持ち、均一な力で真っ直ぐ引き上げるのが最も効果的であると推奨されています。
 また吸着セメントや口下片が残ったらそれも引き抜き、刺咬部をよく消毒することも重要です。
 ただしマダニの体内にはSFTSウイルスを始めとする人獣共通のウイルスを保有している可能性があります。
 体をつぶすと人間に感染するかもしれませんので、自信がない時やダニの数があまりにも多い時は、いさぎよく動物病院に依頼してください。
 
殺ダニ薬を投与する
 マダニが大量に寄生している場合は、殺虫効果のある滴下薬やスプレー剤の塗布、抗生物質の投与などが施されます。
 またダニが活発になる時期(3~9月)に合わせ、あらかじめ予防薬を投与しておくことも重要です。
 なお犬用のノミダニ駆除薬の中にペルメトリン(Permethrin)と呼ばれる成分を含んでいるものがあります(フォートレオン®など)。
 この薬を誤って猫に用いてしまうと、最悪の場合では死んでしまうこともあります
のでご注意ください。
 猫を飼っている家庭ではもちろんのこと、犬と猫が同居している家庭においても使用は避けた方がよいでしょう。
 理由は、猫が犬の皮膚を舐めることで薬剤を吸収してしまう危険性があるためです。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA