犬の前立腺膿瘍(ぜんりつせんのうよう)

犬の前立腺膿瘍~おしっこの回数が増え、尿の色が濃く濁っていたら~

犬の前立腺膿瘍(ぜんりつせんのうよう)とは、前立腺が化膿して膿(うみ)がたまってしまった状態を言います。

前立腺(ぜんりつせん)とは、膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在しているオスにのみある生殖器です。
主な働きは前立腺液を分泌し、精嚢(せいのう)から分泌された精嚢液を、精巣で作られた精子と混合して精液を作ること、および射精時における収縮や尿の排泄を補助することなどです。
前立腺内で発生した炎症(前立腺炎)の副産物として膿が発生し、これが尿道を通じて適切に体外に排出されないと、前立腺内に膿がどんどんたまっていきます。
この状態が「前立腺膿瘍」です。
最悪のケースでは前立腺破裂による敗血症(全身の血液の中に病原体が紛れ込むこと)や腹膜炎と言った重篤な症状につながる危険性があるため、前立腺炎に比べて緊急度は高いと言えます。

多くの場合膀胱炎を併発しているため、必然的に症状は膀胱炎のそれに近くなります。

ここでは、犬の前立腺膿瘍の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。


  • 犬の前立腺膿瘍の主な症状
  • 犬の前立腺膿瘍の主な原因
  • 犬の前立腺膿瘍の主な治療法

犬の前立腺膿瘍の主な症状

犬の前立腺膿瘍の主な症状としては、尿に膿が混ざり、色が濁ります。
また、尿の回数が多くなり、尿が出にくくなることもあります。
時には、熱が出てぐったりしたり、腹痛を起こすこともあります。

主な症状
☆ぐったりして元気がない
☆食欲不振
☆発熱
☆水をたくさん飲む
☆おしっこの回数が増える
☆尿の色が濃い
☆尿がにごっている
☆血尿
☆尿のにおいが強い

犬の前立腺膿瘍の主な原因

  • 前立腺炎
    前立腺膿瘍の前段階には、多くの場合前立腺炎が関わっています。
    前立腺炎には「急性」と「慢性」があり、膿瘍を引き起こすのは急性の方です。
    急性炎症を引き起こす原因菌として多いのは、大腸菌、ブドウ球菌、ストレプトコッカス、プロテウス属、クレブシエラ・ニューモニエ、エンテロバクター属、ヘモフィラス属、シュードモナス属、パスツレラなどです。
    まれなケースとしては、他所の病原体が血液に乗ってたどり着くというものもあります。
    前立腺内に侵入してきた病原体を除去しようとして免疫細胞が集まり、その副産物である膿が徐々に溜まっていくというのが発症メカニズムです。

犬の前立腺膿瘍の主な治療法

犬の前立腺膿瘍は治療がとても難しく、死亡率は高い傾向があります。
治ったと思っても、前立腺が細菌感染を起こし、再発を繰り返す可能性があります。
また、診断も難しく、初期に発見することが難しい病気でもあります。

  • 感染症の治療
    病状が進行しており、前立腺破裂による敗血症や腹膜炎を引き起こしそうな場合は、取り急ぎ患犬を入院させて前立腺に感染している細菌を特定し、最も効果があると思われる抗生物質や抗菌薬を投与します。
    前立腺破裂は時として死にもつながる危険な病態ですので、予断は許しません。

  • 手術
    前立腺自体を取り除いてしまったり、前立腺に穴を開けて膿だけを吸い出すなどの手術
    が施されることがあります。
    しかし再発率が高かったり、重大な副作用を引き起こすこともありますので、万能な治療法というわけではありません。

  • 去勢
    去勢
    によって男性ホルモン(テストステロン)の分泌が抑制されると、前立腺が退縮して炎症が起こらなくなります。
    再発予防のための最も効果的な治療法です。

  • 投薬治療
    何らかの事情で犬の去勢を望まない場合は、手術の代わりに前立腺の退縮を促す薬を投与することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA