脱毛

もしも愛犬の毛が抜けたら~舐性皮膚炎や副甲状腺機能低下症などの疑いアリ~

「うちの愛犬が円形脱毛症のようになっているな」、「うちの子が全体的に毛が薄くなっているわ」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の被毛が抜ける場合、下記の疾患が疑われます。

部分的な脱毛の場合

膿皮症

膿皮症は、皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出してしまった状態です。
犬の皮膚にいる常在菌の一つである「ブドウ球菌」が、免疫機能の異常や内分泌系の疾患などによって、異常増殖してしまったことにより皮膚に湿疹ができる病気です。
犬の皮膚は上から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」に分かれており、その全てにおいて膿皮症が発症する可能性があります。

治療法や症状の詳細はこちら

脂漏症

犬の脂漏症(しろうしょう)とは、皮膚の新陳代謝が異常に速くなり、全身の皮脂腺の分泌が過剰になったり、皮膚の角化が異常に亢進した状態をいいます。「脂漏性皮膚炎」、「マラセチア皮膚炎」とも呼ばれます。
症状としては、皮脂が多く皮膚が脂っぽくなったり、逆に皮膚が乾燥したりします。
マラセチアは犬の外耳道、肛門嚢、指の間、唇、皮膚粘膜などに常在しているありふれた酵母です。
通常であれば、犬の皮脂腺から分泌される脂質を栄養分としながらのんびり暮らしていますが、何らかのきっかけによって突如病原体と化してしまうことがあります。
この変化を生み出している要因は定かではありません。
おそらく「宿主の免疫力低下」、「脂質の過剰分泌」、「皮膚表面の湿度の上昇」、「皮脂の成分の変化」、「角質層への微小ダメージ」などが複雑に絡み合って発生するのだろうと推測されています。

治療法や症状の詳細はこちら

白癬(はくせん)

犬の皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)とは、白癬(はくせん)とも呼ばれており、真菌の一種である「皮膚糸状菌」(ひふしじょうきん)が皮膚に広がった状態のことです。
毛が円形に抜け落ちることから「リングワーム」の異名を持ちます。
非常にたくさんの種類がある皮膚糸状菌の中で、犬に感染するものはイヌ小胞子菌(ミクロスポラムカニス, M.canis)、石膏状小胞子菌(ミクロスポラムギプセム, M.gypseum)、トリコフィトンメンタグロフィテス(T.mentagrophytes)の3種です。2種類の菌を同時に保有するというケースもあります。

治療法や症状の詳細はこちら

ノミ皮膚炎

犬のノミアレルギー性皮膚炎とは、ノミの唾液によってアレルギー反応を起こし、患部が赤くなったりかゆくなったりする病気を言います。
皮膚のかゆみが非常に激しく、ノミ駆除だけでなく皮膚炎の治療も必要になります。

皮膚上にノミがいるかどうかは、「1~2ミリ程度の褐色の虫を視認できること」「濡れたティッシュなどで被毛をふき取ると、じわっと赤いしみが広がるような糞(フリーダート)が被毛中に確認できること」「0.5ミリほどの米粒を小さくしたような卵が視認できること」などで判定します。

治療法や症状の詳細はこちら

毛包虫症

犬の毛包虫症(もうほうちゅうしょう)とは、毛包虫(ニキビダニ)が犬の毛包や皮脂腺に寄生して炎症を引き起こした状態のことです。
毛包虫は別名で「アカルス」、「ニキビダニ症」とも呼ばれます。

毛包虫は健康などうぶつの皮膚にも存在していますが、免疫力が低下していたり、遺伝的な要因などによって大量増殖してしまうと、発症することがあります。

治療法や症状の詳細はこちら

アレルギー

犬の接触性アレルギーとは、特定のものに接触することによってアレルギー反応が引き起こされた状態のことです。
「アレルギー」とは、免疫反応が激しすぎて、本来守るべき生体に害を及ぼしてしまう状態のことで、アレルギーを引き起こす原因物質は「アレルゲン」と呼ばれます。
アトピー性皮膚炎では、アレルゲンとの接触から30分~1時間という比較的短い時間で症状が出てきますが、接触性アレルギーでは症状が出るまでに24時間以上かかることも少なくありません。
こうしたアレルギー反応の違いを生み出しているのが、「I型」と「IV型」というタイプの違いです。

治療法や症状の詳細はこちら

舐性皮膚炎

舐性皮膚炎(しせいひふえん)は、皮膚の同じ箇所を繰り返し舐め続けることで炎症を起こしてしまった状態を言います。
一般的には、足先に起こりやすい皮膚炎です。
その原因の多くはストレスです。その場合は、ストレスを取り除いてあげるよう環境改善が必要になってきます。

多くの場合、口が届きやすい前足の甲が対象となるため、「肢端舐性皮膚炎」(したんしせいひふえん)と呼ばれますが、前足の上面(人間でいう前腕)、太ももの裏、肘、足の甲といった部分が舐性皮膚炎となることもあります。

治療法や症状の詳細はこちら

多発性筋炎

犬の多発性筋炎とは、遺伝的な要因により皮膚や体を動かす筋肉である複数の骨格筋に炎症を起こしてしまった状態のことです。
皮膚症状が強い場合は「皮膚筋炎」とも呼ばれます。
炎症が何によって引き起こされているのかはよく分かっておらず、免疫系統の乱れ、感染症、腫瘍などの可能性が考えられています

治療法や症状の詳細はこちら

精巣腫瘍

犬の精巣腫瘍(せいそうしゅよう)とは、オス犬の生殖器の精子を作り出す精巣に発生した腫瘍のことです。
オスの精巣の中には精細管(せいさいかん)と呼ばれる細い管が、密集しながら存在しています。
この精細管を一本取りだして断面にすると、精子の形成に関わる様々な種類の細胞を見て取ることができます。

治療法や症状の詳細はこちら

広範囲な脱毛の場合

天疱瘡

犬の天疱瘡(てんぽうそう)とは、本来であれば守るはずの自分の組織を、免疫系統がなぜか異物とみなし、内部から自分の組織を破壊することで発症する皮膚病のことです。
攻撃対象となるのは、細胞と細胞を結び付けている「デスモソーム」(接着斑)と呼ばれる部位です。
結果として細胞間の接着が弱くなり、細胞同士の分離、水疱や膿疱の形成、潰瘍と痂疲(かさぶた)といった様々な皮膚症状を引き起こします。

治療法や症状の詳細はこちら

胴体部に左右対称な脱毛

クッシング症候群

犬のクッシング症候群とは、腎臓のそばにある副腎から分泌される副腎皮質ホルモン(コルチゾール)の過剰分泌によって引き起こされる症状をいい、副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)とも呼ばれます。

副腎皮質ホルモン(コルチゾール)とは、腎臓の上にある副腎と呼ばれる小さな分泌器官で生成されるホルモンで、炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、血液の電解質のレベル、免疫反応など広範囲の生理学系に深く関わっています。
このホルモンが慢性的に過剰状態になると、皮膚や筋肉の分解が促進されると同時に肝臓におけるグルコースの生成が促進され、高血糖を引き起こします。

治療法や症状の詳細はこちら

副甲状腺機能低下症

犬の副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかしょう)とは、のどにある副甲状腺と呼ばれる器官から分泌される副甲状腺ホルモンの作用が弱くなりすぎた状態を言います。
副甲状腺機能低下症は、上皮小体機能低下症とも呼ばれます。
副甲状腺(上皮小体とも呼ばれる)とはのどの甲状腺の少し上についている分泌器官であり、副甲状腺ホルモンを生成します。

治療法や症状の詳細はこちら

ホルモン性脱毛症

犬のホルモン性脱毛症とは、器官や臓器の働きを調整するホルモンの分泌が異常になることによって脱毛や皮膚の色素沈着などを発症します。

ホルモン性脱毛症を引き起こす代表的な病気として、クッシング症候群甲状腺機能低下症などが挙げられます。
その他に、男性ホルモンや女性ホルモン、成長ホルモンの異常によって起こります。
特徴の一つは、「左右対称性」であるという点です。

治療法や症状の詳細はこちら