犬のアジソン病

 腎臓の上にある副腎から分泌される副腎皮質ホルモンが不足することで発症する病気。副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)とも呼ばれます。
 「アルドステロン」や「コルチゾール」といった副腎皮質ホルモンは、炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、血液の電解質レベル調整、免疫反応など広範囲の生理学系に深く関わっています。なおアジソン病とは逆に、コルチゾールの産生が過剰になった状態がクッシング症候群です。

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

主な症状
☆元気が無くなる
☆食欲不振
☆身震い
☆下痢
☆嘔吐嘔吐
☆体重減少
☆水をたくさん飲む
☆尿の回数や量が増える
☆運動を嫌がる

 

犬のアジソン病の主な原因 

  • 7~8割がメス犬に発症するとも言われています。
  • 手術による摘出、出血、腫瘍などによって副腎からのホルモン分泌が減少すると発症します。
  • 副腎皮質ホルモンと同じ作用を持つステロイドの投与をやめることで発症することがあります。また逆に副腎皮質の働きを弱める治療薬を投与することでも発症します。

 

犬のアジソン病の主な治療法

  • 急に発症する「副腎クリーゼ(急性副腎不全)」の場合は入院治療が必要です。輸液と同時にデキサメタゾン(糖質コルチコイドの一種)を静脈内に投与します。
  • 緩やかに発症する慢性型においては、不足している副腎皮質ホルモンを補うため、鉱質コルチコイド製薬を生涯に渡って投薬します。なお、ストレスは副腎クリーゼの危険性を高めてしまうため、環境を整備してなるべくストレスのかからないライフスタイルを継続することも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA