犬の前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)

犬の前房出血~愛犬の黒目全体が赤くなっているように見えたら~

 犬の前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)とは、角膜と虹彩の間にある前眼房(ぜんがんぼう, 前房とも)で出血が起こった状態です。

 見た目はショッキングですが、前房出血自体が有害な影響を及ぼすことはほとんどありません。
 それよりも、前房出血を引き起こした元の原因や、前房出血が慢性化したときに起こる眼圧の上昇、および緑内障に対する管理の方が重要です。

 ここでは、犬の前房出血の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。


  • 犬の前房出血の主な症状
  • 犬の前房出血の主な原因
  • 犬の前房出血の主な治療法

犬の前房出血の主な症状

 犬の前房出血の特徴的な症状としては、黒目の下の方に赤い血がたまっていたり、黒目全体が赤くなっているように見えます。

主な症状
☆眼球が真っ赤に染まる
☆歩行が不安定になる
☆目を気にするしぐさを見せる

犬の前房出血の主な原因

 犬の前房出血の原因としては、目の異常により起こるのはもちろんですが、目以外の病気が原因となる事もあります。

主な原因
☆事故や外傷
☆血管の先天異常
☆血液凝固障害
☆血管の弱化
ブドウ膜炎
☆慢性緑内障
☆慢性網膜剥離

犬の前房出血の主な治療法

  通常は、1週間から1か月程度で自然と治ります。
  原因となる疾患がある場合は、そちらの治療を行います。

  • 自然治癒
    出血量が少ない場合、そのまま放置しておけば血液が体内に吸収されます。

  • 基礎疾患の治療
    出血がブドウ膜炎や慢性緑内障、網膜剥離などの周辺症状として出ている場合は、そうした基礎疾患への治療が施されます。

  • 虹彩の癒着予防
    瞳孔の大きさを調整する虹彩部分の癒着を防ぐため、強制的に開閉することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA