犬の前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)

 角膜と虹彩の間にある前眼房(ぜんがんぼう, 前房とも)で出血が起こった状態です。

 見た目はショッキングですが、前房出血自体が有害な影響を及ぼすことはほとんどありません。それよりも、前房出血を引き起こした元の原因や、前房出血が慢性化したときに起こる眼圧の上昇、および緑内障に対する管理の方が重要です。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

主な症状
☆眼球が真っ赤に染まる
☆歩行が不安定になる
☆目を気にするしぐさを見せる

 

主な原因
☆事故や外傷
☆血管の先天異常
☆血液凝固障害
☆血管の弱化
ブドウ膜炎
☆慢性緑内障
☆慢性網膜剥離

 

犬の前房出血の主な治療法

  • 出血量が少ない場合、そのまま放置しておけば血液が体内に吸収されます。
  • 出血がブドウ膜炎や慢性緑内障網膜剥離などの周辺症状として出ている場合は、そうした基礎疾患への治療が施されます。
  • 虹彩の癒着予防 瞳孔の大きさを調整する虹彩部分の癒着を防ぐため、強制的に開閉することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA