眼球が飛び出ている

もしも愛犬の眼球が飛び出ていたら~眼球脱出や緑内障などの疑いアリ~

「うちの子の眼球が飛び出ているわ」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の眼球が飛び出ている場合、下記の疾患が疑われます。

眼球脱出

犬の眼球脱出とは、眼球がまぶたの外に飛び出してしまった状態を言います。
シーズー、パグ、ボストンテリアなど、最初からある程度眼球が外に出ている短頭種で多く見られます。

治療法や症状の詳細はこちら

結膜炎

犬の結膜炎とは、まぶたの内側のピンク色の組織(結膜)が炎症を起こした状態をいいます。
結膜にはまぶたの内側を壁紙のように覆っている「眼瞼結膜」(がんけんけつまく, 瞼結膜)と、眼球の前方部分を覆っている「眼球結膜」(がんきゅうけつまく, 球結膜)とがあり、そのどちらでも発症する可能性があります。

犬の結膜炎には感染性と非感染性の2つのタイプがあり、非感染性結膜炎はうつりません。

犬の黒目(虹彩)はとても大きいため、まっすぐ正面を見ている状態だとなかなか白目部分までは確認できません。
結膜に炎症があるかどうかと確かめるためには、上まぶたを強引に押し上げるか、「あっかんべー」の要領で、下まぶたを強引に押し下げる必要があります

治療法や症状の詳細はこちら

緑内障

犬の緑内障とは、眼球の内圧(眼圧)が高まることによって網膜や視神経が影響を受け、視野が悪化した状態を言い、視力を失う恐れがあるとても怖い病気です。

眼圧が高まる原因は、眼球の中を循環している「房水」(ぼうすい)と呼ばれる液体の還流悪化です。
通常であれば、毛様体(もうようたい)という部分で産生された房水は、眼球の前方(前房)に向かって流れていき、角膜の末端にある「隅角」(ぐうかく)と呼ばれる部位を経てスポンジ状の組織(線維柱帯やシュレム管)から吸収されます。
しかし何らかの理由でこの流れが悪くなると、行き場を失った房水が眼球内部にたまり、まるで水風船を膨らませるように眼球を内部から押し広げようとします。

治療法や症状の詳細はこちら

水晶体脱臼

犬の水晶体脱臼とは、眼球のレンズに相当する「水晶体」と呼ばれる透明な部分が、正常な位置からずれてしまった状態のことです。

水晶体には通常、隣接する「毛様体」(もうようたい)から伸びる「毛様小帯」(もうようしょうたい, or チン小帯)と呼ばれるテーブルが付いており、 定位置からずれる事はありません。
しかし何らかの理由でこのケーブルと水晶体の連結が分断されてしまうと、水晶体が自由に動けるようになり、前に行ったり後ろに行ったりするようになります。

治療法や症状の詳細はこちら

局所性筋炎

犬の局所性筋炎とは、体のある特定の部分にピンポイントで炎症が生じた状態のことです。
具体的には、咀嚼筋(そしゃくきん)と外眼筋(がいがんきん)がターゲットとなります。
咀嚼筋が炎症したときは「咀嚼筋炎」、外眼筋がが炎症したときは「外眼筋炎」といいます。

犬の咀嚼筋は、口を開ける時に作用する顎二腹筋(がくにふくきん)や、口を閉じるときに作用する側頭筋(そくとうきん)、咬筋(こうきん)といった複数の筋肉から構成されています。
これらの咀嚼筋のうち、特に側頭筋と咬筋には「II型M線維」という特殊な筋線維が含まれていますが、犬の中にはこの筋線維を異物とみなし、攻撃を仕掛けてしまうものがいます。
このようにして局所的な免疫反応が起こり、顎の外側ある筋肉にピンポイントで炎症が生じた状態が「咀嚼筋炎」です。
眼球の動きをつかさどる外眼筋群にピンポイントで生じる「外眼筋炎」も同様のメカニズムで発生すると考えられています。

治療法や症状の詳細はこちら