広範囲に赤い腫れがある

もしも愛犬の体の広範囲に赤い腫れがあったら~膿皮症や骨折などの疑いアリ~

「うちの子の体に赤い腫れがあるわ」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬のの皮膚に広範囲に赤い腫れがある場合、下記の疾患が疑われます。

膿皮症

膿皮症は、皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出してしまった状態です。
犬の皮膚にいる常在菌の一つである「ブドウ球菌」が、免疫機能の異常や内分泌系の疾患などによって、異常増殖してしまったことにより皮膚に湿疹ができる病気です。
犬の皮膚は上から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」に分かれており、その全てにおいて膿皮症が発症する可能性があります。

治療法や症状の詳細はこちら

骨折

犬は比較的骨折しやすい動物です。
元気いっぱいに遊んでいて、ちょっとした段差からジャンプした時や抱っこしていた時に誤って落としてしまった時、愛犬が足元にいることに気が付かずに誤って踏んでしまった時など、骨折のきっかけになるような危険が意外と多く潜んでいます。

治療法や症状の詳細はこちら

やけど

犬の火傷(やけど)とは、熱・化学薬品・放射線などにより、皮膚を始めとする体表組織が局所的に損傷を受けた状態を言います。
ストーブ、焚き火、アウトドアのグリル、熱々のお風呂への落下などによる重いやけどの他、電気コタツ、ペット用電気カーペット、電気ストーブ、ドライヤーなどによる低温やけどもあります。
また化学薬品や火事の煙、夏場の暑く焼けたアスファルトやマンフォールも原因としてあげられます。

われわれ人間と違って、犬たち全身が毛で覆われています。
そのため皮膚の変化がわかりにくく発見が遅れることもあるので注意が必要です。

治療法や症状の詳細はこちら