しこりがある

もしも愛犬の体にしこりがあったら~血管肉腫や免疫介在性関節炎などの疑いアリ~

「愛犬の体に気になるしこりがあるな」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の体にしこりがある場合、下記の疾患が疑われます。

肥満細胞腫

犬の肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)とは、粘膜下組織や結合組織などに存在する肥満細胞がガン化した状態のことです。
肥満細胞はアレルギーや炎症などに関係している細胞であり、体中のいたるところにあります。
体が太っている“肥満”とは全く関係ありません。

肥満細胞腫には、皮膚にできるものと内臓に出来るものがありますが、犬においてはほとんどが皮膚型です。
好発年齢は8.5~9.5歳で、多くの場合、硬くて境界線がはっきりしたできものが皮膚上にぽつんとイボや脂肪の塊のように現れます。好発部位は胴体や股間で、割合は約50%。それに四肢の40%、頭頚部の10%が続きます。
腫瘍を見た目から悪性かどうかを判断するのは難しく、虫刺されに間違われることもしばしばです
また大きくなったり小さくなったりすることも多く、小さくなったからといって安心はできません。
数ヶ月間何ら変化を見せず、急に大きくなることもあります。
転移性は高く、7~8割において近くのリンパ節に転移が見られます。

肥満細胞は、内部に保有する顆粒の中に、生物活性物質をたくさん溜めこんでいます。
具体的には、ヒスタミン、ヘパリン、コンドロイチン硫酸、血小板活性化因子、腫瘍壊死因子、プロスタグランジン、ロイコトリエンなどです。
この中でも特に生体への影響が大きいのはヒスタミンです。この物質は「血圧降下」、「平滑筋収縮」、「血管透過性亢進」といった重要な働きを担っていますが、でたらめに放出されてしまうと、体の至る所にあるレセプター(受容体)と結合して多種多様な症状を引き起こします。
症状のほとんどは、肥満細胞腫から無規律に放出されるヒスタミンが主犯になっていることから、「ヒスタミン誘発性腫瘍随伴症候群」と呼ばれることもあります。

治療法や症状の詳細はこちら

血管肉腫

血管肉腫(けっかんにくしゅ)とは、血管を構成している細胞がガン化した状態のことです。
つまり、血管のガンです。
血管を断面にすると、外側から「外膜」、「中膜」、「内膜」という構造になっており、一番内側の層は「血管内皮細胞」という細胞によって埋め尽くされています。
血管肉腫とは、この血管内皮細胞がガン細胞になってしまった状態のことです。
血管肉腫は血管の存在している場所ならどこにでも発症する可能性を持っていますが、犬における好発部位は皮膚、心臓、脾臓、骨などです。
また他の動物よりも発症率が高く、全腫瘍中の2%を占めるとも言われています。

治療法や症状の詳細はこちら

歯根腫瘍

犬の歯根膿瘍(しこんのうよう)とは、歯の根元に当たる「歯根部」(しこんぶ)に炎症が生じ、局所的に膿が溜まってしまった状態のことです。
 歯根の先端のことを根尖(こんせん)というので、歯根膿瘍は根尖膿瘍、根尖周囲膿瘍とも呼ばれます。
 犬の歯は、表に出ている「歯冠部」(しかんぶ)と歯茎の中に埋まっている「歯根部」とから成り立っています。
 通常であれば、最外層にある硬いエナメル質が保護しているため、歯根部に炎症が生じる事はありません。
 しかし歯に大きな力が加わってヒビが入ったり折れてしまったりすると、そこから病原菌が入り込み、一番奥にある歯根部で炎症を引き起こしてしまうことがあります。
このようにして歯の根元に膿がたまった状態が「歯根膿瘍」です。

治療法や症状の詳細はこちら

唾液腺嚢腫

犬の唾液腺嚢腫(だえきせんのうしゅ)とは、唾液を分泌している「唾液腺」と呼ばれる腺組織が、損傷などを受けた結果、皮下組織に唾液が漏れて袋状に腫れ上がってしまうことです。
唾液腺粘液瘤、唾液腺嚢胞と呼ばれることもあります。
「腫瘍」が細胞の増殖によってできた塊を意味しているのに対し、「嚢腫」は細胞以外の成分を細胞成分が包み込むことで袋を形成した状態を意味しています。

犬の唾液は、「耳下腺」(じかせん)、「顎下腺」(がっかせん)、「舌下腺」(ぜっかせん)、「頬骨腺」(きょうこつせん)という大きい唾液腺と、軟口蓋、唇、舌、頬に散在している小さい唾液腺との共同作業によって作り出されています。
腺内で作り出された唾液は、専用の管を通って口の中に放出されますが、この管のどこかに障害があると、途中で唾液が漏れて水たまりを作ってしまいます。
このようにして発生するのが「唾液腺嚢腫」です。漏れ出した唾液の周囲は、炎症の結果として生じた肉芽組織で覆われ、ちょうど膨らんだ水風船のような状態になります。

唾液腺嚢腫の主な症状は、肉眼でも確認できるような大きなふくらみが口の周辺にできることです。
嚢腫がどこに発生するかによって以下のように呼び方が変わります。
なお、唾液腺や唾液管に炎症が起こっていない場合は、それほど痛みはありません。

治療法や症状の詳細はこちら

免疫介在性関節炎

犬の免疫介在性多発性関節炎(めんえきかいざいせいたはつせいかんせつえん)とは、本来、生体を守るべきはずの免疫系が、免疫の異常により自分自身の関節を異物とみなして攻撃してしまう自己免疫疾患です。
炎症性細胞、滑膜細胞、軟骨細胞から組織を破壊する酵素が放出され、結果として関節の破壊が起こります。
破壊の結果、関節にレントゲンで骨が溶けたようにみえる「びらん」が生じたものが「びらん性関節炎」、生じていないものが「非びらん性関節炎」です。
「びらん」とは、組織の上層部が破壊された状態のことで、関節の場合は関節軟骨や軟骨周辺の骨が虫食い状に破壊された状態を指します。
「びらん性」の方がより重症ですが、犬における発症率は非常に低いです。

治療法や症状の詳細はこちら