陰嚢(いんのう)が腫れている

もしも愛犬の陰嚢(いんのう)が腫れていたら~ブルセラ症や精巣腫瘍などの疑いアリ~

「うちの愛犬の陰嚢(いんのう)が腫れているな」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の陰嚢(いんのう)が腫れている場合、下記の疾患が疑われます。

ブルセラ症

犬のブルセラ症とは、ブルセラ属の細菌「ブルセラ・カニス」(Brucella canis)によって引き起こされる感染症です。
ヒトにも他の動物にも感染する人獣共通感染症(じんじゅうきょうつうかんせんしょう)の1つで、1999年4月以降、日本では感染症法により四類感染症に指定されているため、診断した医師は速やかに保健所に届け出なければなりません。
2008年8月に名古屋市の動物取扱業者で犬ブルセラ症のヒトへの感染、2008年10月には関東の動物取扱業者で犬への集団感染が報告されました。
ただ、ブルセラ菌の感染力は弱く、通常の生活ではヒトへの感染はまれな例であり、またヒトからヒトへ感染することはないといわれています。

治療法や症状の詳細はこちら

精巣腫瘍

犬の精巣腫瘍(せいそうしゅよう)とは、オス犬の生殖器の精子を作り出す精巣に発生した腫瘍のことです。
オスの精巣の中には精細管(せいさいかん)と呼ばれる細い管が、密集しながら存在しています。
この精細管を一本取りだして断面にすると、精子の形成に関わる様々な種類の細胞を見て取ることができます。
犬の精巣腫瘍は、3種類の腫瘍に分類されます。
「精粗細胞」は精子のもとになる細胞で、「セルトリ細胞」は精粗細胞に栄養を与えて補助する細胞です。
そして「ライディッヒ細胞」は、精細管と精細管の間に挟まって男性ホルモンを分泌したりします。

治療法や症状の詳細はこちら