音への反応が鈍い

もしも愛犬が音への反応が鈍かったら~外耳炎や内耳炎などの疑いアリ~

「うちの愛犬の耳が聞きずらいのかな」、「うちの子は音への反応が鈍い気がするわ」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬が音への反応が鈍いと感じる場合、下記の疾患が疑われます。

外耳炎

犬の外耳炎(がいじえん)とは、音の通り道である耳介から鼓膜までの外耳道(がいじどう)に炎症が発生した状態で、「外耳道炎」とも呼ばれます。

犬の外耳道には、耳のひらひら部分(耳介)から垂直方向に降りる縦穴のような「垂直耳道」と、垂直耳道の突き当りから水平方向に伸びる横穴のような「水平耳道」があります。
「外耳道の炎症」とは、垂直か水平どちらか、もしくは両方の耳道に炎症が発生した状態のことです。
外耳道の表面を構成しているのは、皮膚の最上部に当たる「表皮」(ひょうひ)、表皮の下で皮膚の形状を維持する「真皮」(しんぴ)、そして「アポクリン腺」と呼ばれる分泌腺などです。

治療法や症状の詳細はこちら

内耳炎

耳の構造は外側から外耳、中耳、内耳に分けらています。
犬の内耳炎とは、耳の奥にある内耳と呼ばれる部位に炎症が発生した状態のことです。

内耳は聴覚に関わる「蝸牛」(かぎゅう)という器官と、バランス感覚に関わる「三半規管」(さんはんきかん)という器官から構成されており、聴覚と平衡感覚に関係する神経が伸びてきています。

「蝸牛」は「蝸牛神経」を通して音を脳に伝えます。
「三半規管」は「前庭神経」(ぜんていしんけい)を通して体の位置情報を脳に伝えるのが役割です。
両方を合わせて「内耳神経」(ないじしんけい)、もしくは「第八脳神経」といいます。
内耳炎の症状は、蝸牛神経と前庭神経のどちらに炎症が発生したかによって違ってきます。
内耳炎でみられる神経症状は、他の重大な病気の可能性も考えられますので、状況によりさまざまな検査の実施を行う必要があります。

早期の対応がとても大切です。
耳を痒がる、耳の穴周りの皮膚が赤い、臭いがする、耳垢が増えるなどの症状が見られたら、病院を受診し治療を行いましょう。

治療法や症状の詳細はこちら