くしゃみをする

もしも愛犬がくしゃみをしたら~副鼻腔炎やジステンパーなどの疑いアリ~

「いつもよりもくしゃみをする回数が多いな」、「普通のくしゃみよりも音が大きいな」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬がくしゃみを連発する場合、下記の疾患が疑われます。

鼻炎

鼻炎とは、鼻の中の粘膜に炎症が発生した状態を言います。

犬の鼻粘膜とは、鼻腔(びくう)とも呼ばれる鼻の穴の内側を、まるで壁紙のように埋め尽くしている組織のことです。鼻腔には「鼻甲介」(びこうかい)と呼ばれる棚のような突起があり、粘膜の表面積を著しく増大しています。以下は人間と犬の鼻腔を断面にした時の比較図です。人間には上中下という3つの鼻甲介があるのに対し、犬では「背鼻甲介」と「腹鼻甲介」という2つしかありません。その代わり、腹鼻甲介が複雑なひだ構造をしているため、トータルの表面積では人間を圧倒的に上回っています。黒い突起が鼻甲介、赤い内貼り部分が粘膜です。水色の空間には鼻から吸い込んだ空気が通ります。

鼻粘膜のどこにかに刺激が加わり、炎症を起こした状態が「鼻炎」です。炎症の初期段階では、まずサラサラとした鼻水が分泌されます。この刺激が慢性化すると徐々に炎症が広がり、免疫細胞を含んだネバネバした鼻水に変わっていきます。さらに炎症が進むと、鼻粘膜の上部が破壊されて「びらん」という状態へ悪化し、「あおっぱな」と鼻血が混じったようなドロドロした鼻水となります。最終段階は、慢性的な炎症による付近の骨の融解や、病原体の脳への侵入です。

犬の鼻炎は、ウイルスや細菌などによる感染症からくるもの、アレルギーまたは鼻腔内の腫瘍によるもの、異物の吸引や口腔内の疾患に続いてして発生するものなど様々な原因があります。

治療法や症状の詳細はこちら

副鼻腔炎

犬の副鼻腔炎(ふくびくうえん)とは、鼻腔の一部は鼻腔とつながっているため、鼻腔内に炎症があると、小さな穴を伝って副鼻腔内に侵入してしまうことがあります。
鼻腔と副鼻腔の炎症は併発することが多いため、「鼻副鼻腔炎」(びふくびくうえん)と合体させて呼ばれることもしばしばです。
ちなみに副鼻腔炎が悪化すし、炎症の結果として副鼻腔内に膿(うみ)がたまった状態は蓄膿症(ちくのうしょう)と呼ばれます。
鼻炎が長引いて症状が悪化することによって副鼻腔炎を併発することが多いです。

治療法や症状の詳細はこちら

ジステンパー

犬のジステンパーとは、犬ジステンパーウイルス(CDV)に感染することによって発症する感染症です。
イヌ科動物に対して高い感染性がありますが、ネコ科、イタチ科、アライグマ科、スカンク科、アザラシ科、ジャコウネコ科など、ほとんどの食肉目(しょくにくもく)の動物に感染します。
なお人間に感染することもありますが、麻疹(はしか)に対する免疫があれば症状が出ることはまずありません。
鼻、のどから侵入したウイルスは、まずマクロファージによってリンパ節に運ばれ、そこで増殖します。
1週間ほどで全身のリンパ節に広がったウイルスは、その後血液に乗って呼吸器、消化器、泌尿器、生殖器に拡散し、時に中枢神経系にまで広がります。

ちなみに、ジステンパーは、ニホンオオカミの絶滅の原因となった疾患として有名です。

治療法や症状の詳細はこちら