ただれている

もしも愛犬の皮膚がただれていたら~毛包虫症や扁平上皮ガンなどの疑いアリ~

「愛犬の皮膚が赤くただれているわ」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の皮膚がただれている場合、下記の疾患が疑われます。

膿皮症

膿皮症は、皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出してしまった状態です。
犬の皮膚にいる常在菌の一つである「ブドウ球菌」が、免疫機能の異常や内分泌系の疾患などによって、異常増殖してしまったことにより皮膚に湿疹ができる病気です。
犬の皮膚は上から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」に分かれており、その全てにおいて膿皮症が発症する可能性があります。

治療法や症状の詳細はこちら

毛包虫症

犬の毛包虫症(もうほうちゅうしょう)とは、毛包虫(ニキビダニ)が犬の毛包や皮脂腺に寄生して炎症を引き起こした状態のことです。
毛包虫は別名で「アカルス」、「ニキビダニ症」とも呼ばれます。

毛包虫は健康などうぶつの皮膚にも存在していますが、免疫力が低下していたり、遺伝的な要因などによって大量増殖してしまうと、発症することがあります。

犬の毛包虫症を引き起こすのは、ニキビダニ属(demodex)の一種である「D. canis」です。
卵はレモン型で、そこから6本脚の幼虫が孵化し、2回脱皮した後、8本脚の成虫となります。
大きさは0.3×0.04mm程度です。

 ニキビダニの感染経路として唯一確認されているのは、生まれた直後における母犬からの伝播です。
死産の子犬や帝王切開で取り出した子犬、および母犬から隔離された子犬の皮膚でニキビダニが認められないことから、おそらく母犬の皮膚に生息しているニキビダニが、子犬と接触した時に乗り移って感染が成立するものと推測されています。
最初に感染するのは、主に鼻の表面部分(鼻鏡)です。
局所的な症状は3~6ヶ月齢時、全身的な症状は免疫力が低下した時に現れます。
好発部位は、眼や口の周辺、胴体、四肢先端などです。

治療法や症状の詳細はこちら

アトピー性皮膚炎

犬のアトピー性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能が低下したり、アレルギーの原因となるアレルゲンが皮膚を通じて体内に入ることによってアレルギー反応により皮膚に症状が起こる皮膚炎です。

皮膚には「皮膚のバリア機能」と呼ばれる、体内の水分が蒸発しないよう内部にとどめておく機能、および外界の異物が体内に侵入しないよう防御する機能があります。
体内からの蒸発予防には、皮膚最上部の角質層内にある「天然保湿成分」や、皮膚内部に埋め込まれている皮脂腺から分泌される「皮脂」が重要な役割を果たします。
前者は水分を抱え込んで動けないようにする機能、後者は体外に出ていこうとする水分を角質層レベルでブロックする機能を有しています。
体外からの異物防御には、皮膚の最も外側を覆っている「角質層」が重要な役割を果たします。
健常な角質細胞の隙間は「角質細胞間脂質」と呼ばれる脂成分で埋められており、細胞同士を強固に結びつけることで外界からの異物侵入をシャットアウトしています。
アトピー性皮膚炎の一因は、何らかの理由で上記バリア機能が損なわれ、皮膚が乾燥したり異物が入り込むことで炎症が生じてしまうことです。

治療法や症状の詳細はこちら

舐性皮膚炎

舐性皮膚炎(しせいひふえん)は、皮膚の同じ箇所を繰り返し舐め続けることで炎症を起こしてしまった状態を言います。
一般的には、足先に起こりやすい皮膚炎です。
その原因の多くはストレスです。その場合は、ストレスを取り除いてあげるよう環境改善が必要になってきます。

多くの場合、口が届きやすい前足の甲が対象となるため、「肢端舐性皮膚炎」(したんしせいひふえん)と呼ばれますが、前足の上面(人間でいう前腕)、太ももの裏、肘、足の甲といった部分が舐性皮膚炎となることもあります。

治療法や症状の詳細はこちら

扁平上皮ガン

犬の扁平上皮ガン(へんぺいじょうひがん)とは、生体の表面を覆っている上皮の一種である扁平上皮がガン化した状態のことです。
皮膚にできるガンには、メラニン細胞がガン化した「メラノーマ」線維芽細胞がガン化した「線維肉腫」などがありますが、「扁平上皮ガン」と言った場合は、皮膚の最上部を占めている扁平上皮細胞がガン化した状態を指します。
扁平上皮ガンは、皮膚が存在している場所であればどこにでも発生する可能性を秘めています。
しかし種によってある程度好発部位が固定されており、犬においては「鼻腔」、「副鼻腔」、「舌や歯肉」(口腔)、「扁桃」、「肺」、「爪」、「股間」などに多いとされています。

治療法や症状の詳細はこちら