尿の量が多い(多尿)

もしも愛犬の尿の量がいつもよりも多かったら~糖尿病やアミロイドーシスなどの疑いアリ~

「いつもよりも愛犬の尿の量が多いな」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の尿がいつもよりも多い場合、下記の疾患が疑われます。

糖尿病

犬の糖尿病とは、ホルモンの一種であるインスリンの働きが悪くなることで、血液中の糖が多くなってしまう病気です。
インスリンは膵臓(すいぞう)から分泌されており、血液中のグルコース(糖)を細胞内に取り入れる働きをしています。

インスリンの働きが弱まってしまうと、本来細胞の中に入るはずのグルコースが血液中に残ったままになり、血液中の糖濃度が高くなってしまいます。
この状態を高血糖(こうけっとう)といい、長期的に続くと体の至る所に障害を引き起こします。

治療法や症状の詳細はこちら

クッシング症候群

犬のクッシング症候群とは、腎臓のそばにある副腎から分泌される副腎皮質ホルモン(コルチゾール)の過剰分泌によって引き起こされる症状をいい、副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)とも呼ばれます。

副腎皮質ホルモン(コルチゾール)とは、腎臓の上にある副腎と呼ばれる小さな分泌器官で生成されるホルモンで、炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、血液の電解質のレベル、免疫反応など広範囲の生理学系に深く関わっています。

治療法や症状の詳細はこちら

アジソン病

犬のアジソン病とは、腎臓の上にある副腎から分泌される副腎皮質ホルモンが不足することで発症する病気です。
副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)とも呼ばれます。
アジソン病は命に関わる病気ですが、症状が特徴的でないため発見が難しい病気です。

治療法や症状の詳細はこちら

副甲状腺機能亢進症

犬の副甲状腺機能亢進症(ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、のどにある副甲状腺から分泌される副甲状腺ホルモンの作用が強くなりすぎた状態を言います。
副甲状腺機能亢進症は、上皮小体機能亢進症とも呼ばれます。

治療法や症状の詳細はこちら

尿崩症

犬の尿崩症(にょうほうしょう)とは、脳下垂体や腎臓に問題があり、抗利尿ホルモンの異常によって引き起こされる病気のことです。
抗利尿ホルモン( バソプレッシン)とは、脳内の視床下部(ししょうかぶ)という部位で生成され、脳下垂体(のうかすいたい)という部位を通して分泌されるホルモンの一種で、腎臓に作用することで尿量を調整する働きを持ちます。

治療法や症状の詳細はこちら

アミロイドーシス

犬のアミロイドーシスとは、「アミロイド」と呼ばれる細い形状をしたタンパク質の一種が細胞と細胞の間に沈着し、組織や器官の機能を邪魔してしまい、様々な症状を引き起こす状態のことです。
最悪の場合には肝臓や腎臓が機能不全に陥り、命の危険があります。

治療法や症状の詳細はこちら

出血性胃腸炎

犬の出血性胃腸炎(しゅっけつせいいちょうえん)とは、胃や腸の炎症が悪化し、出血するまでに至った状態を言います。
2~4歳くらいの小型犬がなりやすい病気です。

胃や腸の粘膜が急激に破壊され、水分と血液不足からショック症状に陥ります。さらに障害を受けた粘膜からは細菌や毒素が侵入し、敗血症などを引き起こします。

治療法や症状の詳細はこちら

慢性腸炎

犬の慢性腸炎とは、小腸と大腸の粘膜上で、繰り返し炎症が起こる状態のことです。
急性腸炎では、比較的激しい症状が突然発症しますが、治療すればすぐに回復していきます。
慢性腸炎は基本的に自然に治ることはありません。
急性胃腸炎の治療をしてもなかなか治らず、症状が軽減してもすぐに再発し長期的な経過をたどるものです。

治療法や症状の詳細はこちら