口の中が赤い

もしも愛犬の口の中が赤かったら~熱中症などの疑いアリ~

「うちの愛犬の口の中が赤いな」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の口の中が赤い場合、下記の疾患が疑われます。

熱中症

犬の熱中症とは、上がりすぎた体温をうまく下げることができず、体中の機能が低下してしまった状態のことです。
平熱が37.5~39.2℃の犬においては深部体温(直腸温)が41℃を超えた場合に熱中症と診断されます。
41℃を超えると熱によって脳にまでダメージが及び始め、43℃を超えると体中の様々な器官が機能不全に陥って急激に死亡率が高まります。
さらに49~50℃というと極端な温度にまで高まると、たった5分でも細胞の構造が崩れて組織の壊疽が始まり、そうなると生存する事が困難となります。

治療法や症状の詳細はこちら