陰嚢(いんのう)に炎症がある

もしも愛犬の陰嚢(いんのう)に炎症があったら~ブルセラ症などの疑いアリ~

「うちの愛犬が陰嚢を痛がるな」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の陰嚢(いんのう)に炎症がある場合、下記の疾患が疑われます。

ブルセラ症

犬のブルセラ症とは、ブルセラ属の細菌「ブルセラ・カニス」(Brucella canis)によって引き起こされる感染症です。
ヒトにも他の動物にも感染する人獣共通感染症(じんじゅうきょうつうかんせんしょう)の1つで、1999年4月以降、日本では感染症法により四類感染症に指定されているため、診断した医師は速やかに保健所に届け出なければなりません。
 2008年8月に名古屋市の動物取扱業者で犬ブルセラ症のヒトへの感染、2008年10月には関東の動物取扱業者で犬への集団感染が報告されました。
ただ、ブルセラ菌の感染力は弱く、通常の生活ではヒトへの感染はまれな例であり、またヒトからヒトへ感染することはないといわれています。

治療法や症状の詳細はこちら