便が異様に臭い(脂肪便)

もしも愛犬の便が異常に臭かったら~膵外分泌不全症などの疑いアリ~

「いつもよりも愛犬の便が異常に臭いな」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の便が異様に臭う場合、下記の疾患が疑われます。

膵外分泌不全症

膵外分泌不全症(すいがいぶんぴふぜんしょう)は、内分泌と外分泌とに分かれた膵臓の機能の内、外分泌機能が損なわれた状態のことです。

膵臓はたんぱく質や炭水化物、脂肪の三大栄養素などを分解するさまざまな消化酵素を分泌し、消化・吸収を助けています。膵外分泌不全にかかると、その消化酵素の分泌がほとんどされなくなってしまい、消化がうまく行われないので、栄養の吸収も十分にできなくなり、みるみる痩せていきます。

膵臓の内分泌機能は、ランゲルハンス島が中心となってホルモン(インスリンやグルカゴン)の生成に携わっており、対する外分泌機能は主に消化酵素(膵液)の生成に携わっています。ですから外分泌機能不全というときは、消化酵素が十分に働かなくなった状態を言います。

治療法や症状の詳細はこちら