白く濁っている

もしも愛犬の眼が白く濁っていたら~白内障や水晶体脱臼などの疑いアリ~

「うちの愛犬の眼が白く濁っているな」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の目が白く濁っている場合、下記の疾患が疑われます。

白内障

犬の白内障とは、眼球内にある水晶体と呼ばれる組織が白く濁ってしまった状態のことです。

内障とよく似た外観になる病気として「核硬化症」(かくこうかしょう)があります。
これは加齢に伴って発生する水晶体の硬化と白濁であり、通常は視覚障害を伴いません。
初期の白内障と鑑別する際は「徹照法」(てっしょうほう)と呼ばれる方法が用いられます。
これは瞳孔の中に光を照射し、眼球の奥にあるタペタム層からの反射光を観察するというものです。

治療法や症状の詳細はこちら

角膜炎

角膜炎とは、黒目の部分を覆っている透明な膜である角膜に炎症が発生した状態のことです。

角膜の表面に炎症は起こっているものの、上皮以下の欠損が見られないような角膜炎は「非潰瘍性角膜炎」、上皮以下の欠損を伴うような角膜炎は「潰瘍性角膜炎」と呼ばれます。

一般的には、パグなど鼻が短く眼が大きな犬種が極めて発症しやすいと言われています。

治療法や症状の詳細はこちら

水晶体脱臼

犬の水晶体脱臼とは、眼球のレンズに相当する「水晶体」と呼ばれる透明な部分が、正常な位置からずれてしまった状態のことです。

水晶体には通常、隣接する「毛様体」(もうようたい)から伸びる「毛様小帯」(もうようしょうたい, or チン小帯)と呼ばれるテーブルが付いており、 定位置からずれる事はありません。
しかし何らかの理由でこのケーブルと水晶体の連結が分断されてしまうと、水晶体が自由に動けるようになり、前に行ったり後ろに行ったりするようになります。
このようにして発症するのが「水晶体脱臼」です。
毛様体と水晶体が部分的に途切れてしまった状態を「水晶体亜脱臼」、完全に途切れてしまった状態を「水晶体完全脱臼」と呼び分けることもあります。
また、水晶体が定位置から前にずれてしまった状態を「前方脱臼」、後ろにずれてしまった状態を「後方脱臼」といいます。

治療法や症状の詳細はこちら

糖尿病

犬の糖尿病とは、ホルモンの一種であるインスリンの働きが悪くなることで、血液中の糖が多くなってしまう病気です。
インスリンは膵臓(すいぞう)から分泌されており、血液中のグルコース(糖)を細胞内に取り入れる働きをしています。

インスリンの働きが弱まってしまうと、本来細胞の中に入るはずのグルコースが血液中に残ったままになり、血液中の糖濃度が高くなってしまいます。
この状態を高血糖(こうけっとう)といい、長期的に続くと体の至る所に障害を引き起こします。
膵臓の機能が壊され、インスリンが出なくなることで症状を呈するものが「I型糖尿病」(インスリン依存型糖尿病, IDDM)、膵臓は保たれているものの、その他の理由で症状を呈するものが「II型糖尿病」(インスリン非依存型糖尿病, NIDDM)です。
犬における割合は、「I型:II型=4:1」程度と推定されており、猫の「1:4」とはちょうど真逆の関係になっています。

犬の正常な血糖値は、空腹時で60~100(mg/100ml)ですが、複数回の検査で値が150以上を記録する場合は糖尿病が疑われます。

治療法や症状の詳細はこちら