充血している

もしも愛犬の目が充血していたら~前房出血や水晶体脱臼などの疑いアリ~

「うちの愛犬の眼が充血しているな」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の目が充血している場合、下記の疾患が疑われます。

前房出血

犬の前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)とは、角膜と虹彩の間にある前眼房(ぜんがんぼう, 前房とも)で出血が起こった状態です。

見た目はショッキングですが、前房出血自体が有害な影響を及ぼすことはほとんどありません。
それよりも、前房出血を引き起こした元の原因や、前房出血が慢性化したときに起こる眼圧の上昇、および緑内障に対する管理の方が重要です。

治療法や症状の詳細はこちら

ブドウ膜炎

犬のブドウ膜炎とは、眼球のブドウ膜に炎症が生じた状態を言います。
ブドウ膜(眼球血管膜)とは虹彩(こうさい)、毛様体(もうようたい)、脈絡膜(みゃくらくまく)など血管に富んだ膜の総称です。
・虹彩:眼球に入る光の量を調整する絞り
・毛様体:水晶体より前方の空間を満たす房水という液体の分泌や流出に関わり、また、水晶体を支え、遠近調節を行うなどの働きを持っています。
・脈絡膜:血管が豊富に走行し、眼球や網膜に酸素や栄養を与える補給部隊として機能しています。

治療法や症状の詳細はこちら

結膜炎

犬の結膜炎とは、まぶたの内側のピンク色の組織(結膜)が炎症を起こした状態をいいます。
結膜にはまぶたの内側を壁紙のように覆っている「眼瞼結膜」(がんけんけつまく, 瞼結膜)と、眼球の前方部分を覆っている「眼球結膜」(がんきゅうけつまく, 球結膜)とがあり、そのどちらでも発症する可能性があります。

治療法や症状の詳細はこちら

水晶体脱臼

犬の水晶体脱臼とは、眼球のレンズに相当する「水晶体」と呼ばれる透明な部分が、正常な位置からずれてしまった状態のことです。

水晶体には通常、隣接する「毛様体」(もうようたい)から伸びる「毛様小帯」(もうようしょうたい, or チン小帯)と呼ばれるテーブルが付いており、 定位置からずれる事はありません。
しかし何らかの理由でこのケーブルと水晶体の連結が分断されてしまうと、水晶体が自由に動けるようになり、前に行ったり後ろに行ったりするようになります。
このようにして発症するのが「水晶体脱臼」です。

治療法や症状の詳細はこちら

レプトスプラ症

犬のレプトスピラ症とは、レプトスピラ属(Leptospira)の細菌の中で病原性を持った病原性レプトスピラによって引き起こされる感染症です。
 
レプトスピラは、らせん状の体を特徴とした「スピロヘータ」と呼ばれる細菌の一種で、体の両端がフックのように曲がりくねっています。
人を含めさまざまな哺乳類に感染する人獣共通感染症(ズーノシス)の1つでもあります。
感染症法では四類感染症に指定され、また家畜伝染病予防法では届出が義務化されています。

発症すると肝臓や腎臓などに障害を受け、黄疸(おうだん)や出血、腎炎などの症状が現れます。
最悪の場合は数時間で死に至ることも恐ろしい病気です。

治療法や症状の詳細はこちら