耳垢が溜まっている

もしも愛犬の耳垢が溜まっていたら~外耳炎や耳介癖(じかいせん)などの疑いアリ~

「うちの子に耳に耳垢が掃除してもすぐ溜まるのよね」と感じたら、要注意です!
もしも愛犬の耳に耳垢が溜まっている場合、下記の疾患が疑われます。

外耳炎

犬の外耳炎(がいじえん)とは、音の通り道である耳介から鼓膜までの外耳道(がいじどう)に炎症が発生した状態で、「外耳道炎」とも呼ばれます。

犬の外耳道には、耳のひらひら部分(耳介)から垂直方向に降りる縦穴のような「垂直耳道」と、垂直耳道の突き当りから水平方向に伸びる横穴のような「水平耳道」があります。
「外耳道の炎症」とは、垂直か水平どちらか、もしくは両方の耳道に炎症が発生した状態のことです。
外耳道の表面を構成しているのは、皮膚の最上部に当たる「表皮」(ひょうひ)、表皮の下で皮膚の形状を維持する「真皮」(しんぴ)、そして「アポクリン腺」と呼ばれる分泌腺などです。

治療法や症状の詳細はこちら

耳介癖(じかいせん)

犬の耳疥癬(みみかいせん)とは、耳の中でダニが繁殖した状態を言います。「耳ダニ症」とも呼ばれます。

犬の耳に寄生するのは主としてミミヒゼンダニと呼ばれる体長0.3mm~0.5mmのダニです。紛らわしいものとして疥癬を引き起こすイヌセンコウヒゼンダニがいますが、こちらが全身に寄生するのに対し、ミミヒゼンダニは主に耳の中に寄生するという特徴があります。
栄養源は耳の中の耳垢や傷ついた皮膚のカサブタ、リンパ液、血液などです。イヌセンコウヒゼンダニのように皮膚を食い破って中に侵入することはないものの、耳垢を分泌する腺組織を刺激するため、耳の中が次第に耳垢とダニの排せつ物で埋め尽くされていきます
かゆみを引き起こしているのは、ダニが血を吸うときに付けた小さな傷と、その傷口に集まってきた免疫細胞が放出する各種の化学物質です。

治療法や症状の詳細はこちら