犬の肺水腫(はいすいしゅ)

 肺の中に水がたまり、ガス交換がうまくいかなくなってしまった状態をいいます。
 肺の内部で酸素と二酸化炭素のガス交換を行っている機能単位を肺胞といいますが、この肺胞や肺胞に連なる細気管支などに水がたまり、機能不全に陥るのが肺水腫です。多くの場合、他の疾患の周辺症状として発症しますが、急性の場合は命を落とすこともある危険な病気です。

主な症状
☆咳
☆吐き気
☆呼吸困難
☆よだれをたらす

 

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

犬の肺水腫の主な原因

  • 有毒ガスなどの毒物を肺の内部に吸い込むことによって肺水腫が発生することがあります。
  • 心不全僧帽弁閉鎖不全症など、心臓に何らかの異常があると、肺胞内の毛細血管の内圧が上昇して、水分が外に押し出され、肺水腫を引き起こすことがあります。
  • 肝硬変ネフローゼ症候群などにより、血液中のタンパク質(アルブミン)が減少して血管内に水分を留めておけなくなり、血管外に流出して肺水腫を引き起こすことがあります。

 

犬の肺水腫の主な治療法

  • 肺水腫は、多くの場合別の疾病の周辺症状として発症します。ですから、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。
  • 疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした治療が施されます。たとえば肺にたまった水を抜くため、利尿薬が投与されたり、酸欠状態のときは酸素吸入などが行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA