犬の骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

 骨の密度が病的に低くなってしまった状態を言います。
 骨が穴が多くある多孔質(たこうしつ)に変質するため、骨折などの危険性が高まります。犬の大きさや犬種にもよりますが、一般的に犬が7歳を超え、老境に入ったタイミングで、本症の可能性を考慮するようにしましょう。

主な症状
☆動きがのろい
☆運動を嫌がる
☆動きが固い
☆関節痛
☆O脚(生後6~8週ごろの若年性)

 

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

犬の骨粗しょう症の主な原因

  • 加齢によって全身の新陳代謝が落ちると、骨を新たに作るよりも骨を分解する速度の方が速くなり、徐々に骨が削られていくという現象が起こります。
  • 副甲状腺機能亢進症などによってホルモンの一種であるパラトルモン(副甲状腺ホルモン)が過剰分泌されると、骨格中のカルシウムを分解して血中カルシウム濃度を過度に高めてしまいます。その結果、骨密度の低下が起こり、骨粗しょう症へとつながります。
  • 骨は刺激を受けるほど硬く太く形成されるという性質を持っています。ですので運動不足だと骨格全体に対する刺激が足りず、骨粗しょう症つながることがあります。
  • 骨はタンパク質で構成される骨梁(こつりょう)と呼ばれる土台の上にカルシウムなどが沈着することで出来上がります。ですのでタンパク質、カルシウム、およびカルシウムが腸管から吸収されるのを手助けするビタミンDなどが不足すると、骨粗しょう症にかかる危険性が高まります。
     また、生後6~8週ごろに発症する若年性骨粗しょう症は、一般的に大型犬に多いとされます。これは、体が大きい分たくさんの栄養を必要としているため、食事中のカルシウムなどがすぐ不足してしまうことが原因と考えられます。

 

犬の骨粗しょう症の主な治療法

  • 別の疾病によって骨粗しょう症が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。たとえば副甲状腺機能亢進症が原因の場合はそちらの治療が優先されます。
  • 運動によって骨に刺激を加えると、骨の再生を助ける骨芽細胞(こつがさいぼう)が活性化され、結果として骨の分解が抑制されます。また筋肉の維持にも効果的です。
  • 骨の形成に関与するタンパク質、ビタミンD、ビタミンK、カルシウムなどが極端に不足している場合は、それらを補った食事に切り替えます。ただし脂溶性ビタミンであるビタミンDにはまれに過剰症がありますので、適性量を守りながらの食事療法となります。具体的には獣医さんと相談した上でメニューを決めたほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA