離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

66匹を保護 犬虐待容疑で逮捕 ~兵庫県~

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

 劣悪な環境で犬数十匹を飼育していたとして、住所不定・会社員・田中大作容疑者(55)を動物愛護法違反容疑で、兵庫県警生活経済課などは28日、逮捕したと発表した。長期間にわたって空き家で犬を放し飼いにしていたとみられ、排せつ物が約50センチたまった場所もあったという。県警などは逮捕後、犬66匹を保護した。

 逮捕容疑は24日、犬のふんや餌が堆積(たいせき)した同県三木市の木造2階建て住宅で、犬数十匹を飼い、虐待したとしている。田中容疑者は「犬にとって最適な環境ではないと分かっていたが、餌や水をあげており、虐待したつもりはない」と供述しているという。

 県警によると、21日に近隣住民から「空き家で犬が多数飼育され、鳴き声もすごい。保護してほしい」と相談があり発覚。24日に逮捕した。県警によると住宅は田中容疑者の所有ではないとみられるが、鍵は持っていた。田中容疑者は別の場所で暮らし、2、3日に1回訪れていた。保護された犬は体中が汚れていたが、衰弱はしていなかったという。

 県警は、家の状況などから田中容疑者が数年間、飼育を続けていたとみて経緯を調べている。

【最後に】

大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA