離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

犬の最適な名前と指示語~名前を呼んではいけないタイミングがあります~

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

 犬に名前を付けるときのポイントや効果的な指示語や命令方法、また代表的なハンドシグナルについて解説します。
  意外と知らないしつけのポイントがあります。


  • 条件付けをしつけに生かす
  • 犬に最適な名前をつける
  • 犬に最適な命令方法

 条件付けをしつけに生かす

古典的条件付けをしつけに生かす

二次的報酬を作り上げる

 犬の気をひきつけたいときや犬をほめたいときなど、古典的条件付けを利用して二次的報酬を作っておくと非常に役立ちます。
 おやつ、えさ、おもちゃなど、犬に「うれしい」・「たのしい」といった反応を直接引き起こすものを一時的な報酬といい、これに対し、「よーし!」・「いいこだ!」など、間接的に犬の生理的な反応を引き起こすような事象を二次的報酬と言います。
 たとえば、おやつを与える0.5秒前(同時でも後でもなく、直前)に「いいこだ!」というほめ言葉を繰り返し聞かせたとしましょう。犬は次第に「いいこだ!」という言葉を聞いただけで「おやつをもらえる!」と期待し、実際はもらっていないにもかかわらず、「うれしい」・「たのしい」といったポジティブな感情を抱くようになります。

二次的報酬の使いどころ

○ほめ言葉 ほめ言葉とは、「いいこだ!」・「よーし!」・「グッド!」など、犬が理想通りの行動をとってくれたときに、おやつの代わりに用いる言葉です。
 その時々で言葉を変えずに、言葉を固定して使い続けることが重要です。その言葉は家族間でも徹底させましょう。

○呼び言葉 呼び言葉とは、犬の注目を自分に向けたいときに用いる犬の名前やクリッカ―のクリック音や指笛などの音のことです。犬はこの呼び合図を聞くたびに、飼い主の方を向いてくれます。

○解除語 解除語とは、ある特定の行動をとっていた犬が、飼い主の元に来るよう伝える言葉です。「よし!」や「OK!」などがありますが、日常生活で頻繁に出てくる言葉より、「おわり」や「カモン!」など普段あまり使わない言葉の方が良いでしょう。

二次的罰を作り上げる

 犬が望ましくない行動をとったとき、何らかの罰を与えてその行動がいけないことであることを学ばせる必要があります。
 「ノー!」や「コラ!」など、間接的に犬の生理的な反応を引き起こすような事象を二次的罰と言います。
 たとえば、犬が何か悪い事をしたタイミングで「ノー!」という言葉を発し、しばらく犬を無視すると、犬は次第に「ノー!」という言葉を聞いただけで「大好きな飼い主に無視される」というネガティブな感情を抱くようになります。
 これが二次的罰です。

オペラント条件付けをしつけに生かす

オペラント条件付け・基本4パターン

○自動トレーニング 行動捕捉とも呼ばれる方法で、犬が自発的にある特定の行動を取った瞬間をとらえ、ごほうびや罰を与えることでその行動に対する積極性を変化させることです。
 たとえば、たまたま飼い主と目が合った瞬間に、犬の名前と同時におやつをあげる事によって、以後、名前を呼ぶと顔を向けるようになる事などです。

○ルアートレーニング おやつ、おもちゃなどをおとり(ルアー)として犬をある行動に導いていく方法です。
 たとえば、おやつを犬の頭よりも高く持っていき、犬が座った瞬間にオスワリ!」という指示語と共におやつを与える事により、「オスワリ!」と言うと座るようになる事などです。

○刺激を用いる これは力ずく、もしくは何らかの刺激の力を借りて犬の行動を変化させることです。
 たとえば無駄吠えをしている犬のマズルを人の手で押さえつけたり、大きな音などの聴覚的刺激などで、鳴き止んだ瞬間にごほうびを与えます。

段階的接近法 「シェイピング」や「連鎖法」と呼ばれる手法で、目標とする行動に向けて段階的に、行動を変化させます。たとえば「犬にフリスビーを持ってこさせる」という目標に到達するため、『フリスビーを見せてからエサを与える→鼻に触れたらエサを与える→なめたらエサを与える→くわえたらエサを与える』という具合です。

 しつけするこちら側の態度の一貫性と行動の直後に賞罰を与える事が重要です。詳しくは犬のしつけの基本理論をご覧ください。


犬に最適な名前をつける

 犬に対する二次的報酬の最も代表的なものが名前です。 犬は母音(アイウエオ)の聞き取り易いですが、子音(カ行、サ行、タ行・・・)が聞き取りづらい傾向があります。犬の名前は、シンプルであり個性的なものが理想です。また犬の名前を呼ぶ際は、名前の後に必ずいいことがあるというイメージを持たせる為、絶対に叱ったりしないで下さい。


犬に最適な命令方法

犬にハンドシグナルを教える

 「ハンドシグナル」とは、犬に手を使って指示を出すことです。指示語による音声だけではなく、ハンドシグナルを教えておけば、騒がしい環境や老犬になって耳が悪くなった場合でも大いに役立つでしょう。

ハンドシグナルを教えるコツ

 ・しっかりと学習した指示語の直前にハンドシグナルを提示する
 
タイミングは「ハンドシグナル→指示語→動作→ごほうび」です。
 ポイントは「ハンドシグナルと動作を直接結びつける」という考えを捨て、「ハンドシグナルと、すでに学習した指示語を結び付ける」という考えで行う事が必要です。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA