犬のレプトスピラ症

 レプトスピラ属(Leptospira)の細菌の中で病原性を持った病原性レプトスピラによって引き起こされる感染症です。
 レプトスピラは、らせん状の体を特徴とした「スピロヘータ」と呼ばれる細菌の一種で、体の両端がフックのように曲がりくねっています。人にも動物にも同等に感染する人獣共通感染症(じんじゅうきょうつうかんせんしょう)の1つであり、感染症法では四類感染症に指定され、また家畜伝染病予防法では届出が義務化されています。人間における感染例は、ブラジル、ニカラグア、フィリピン、タイといった亜熱帯地方が中心ですが、日本でも河川を通じた集団感染(沖縄八重山地域, 1999)が確認されていますので、決して油断はなりません。
 以下は、病原性レプトスピラの主な種類と、保菌動物の対応一覧表です。菌の種類と宿主の対応関係は絶対的なものではなく、全て人間にも感染する可能性があります。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

  主な症状
不顕性型  多くは、感染しているにもかかわらず明らかな症状を示さないまま自然治癒します。
出血型  主症状は40℃前後の高熱・元気が無くなる・食欲不振・結膜の充血・嘔吐・血便・血尿・鼻血・吐血・尿のにおいが強くなる・黄疸(白目部分、口の粘膜、おなかの皮膚が黄色く変色すること)などです。
黄疸型  主症状は突然の高熱・食事を受け付けない・全身の震え・嘔吐・口内粘膜や歯茎からの出血・結膜の充血・黄疸(白目部分、口の粘膜、おなかの皮膚が黄色く変色することで、約70%の割合)などです。

 

犬のレプトスピラ症の主な治療法

  • ワクチン接種が実質的な予防・治療法といえます。獣医さんとよくご相談話した上、お決めください。
  • 感染してしまったらペニシリンやストレプトマイシンなどの抗生物質で、主に腎臓内に生息している菌を退治します。
  • 症状の軽減を目的とした各種の治療が施されます。脱水症状があれば輸液(ブドウ糖や乳酸リンゲル液)、肝臓障害があればビタミンB、強肝剤、利尿剤の投与、尿毒症があれば腹膜透析などが施されます。
  • 細菌は湿った土の中や水の中で180日以上生存することが可能ですので、屋外の電柱や水溜りなどは、常に感染源になりうる危険性を持っています。散歩中、犬がこうした不衛生な場所に近づかないよう、注意する必要があります。また、ネズミが発生している場合はこうした害獣を駆除することも効果的です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA