犬のキー・ガスケル症候群

犬のキー・ガスケル症候群(Key-Gaskell syndrome)とは、原因不明の自律神経失調症のことです。

主な症状
☆元気がない
☆食欲不振
☆便秘
☆食後の嘔吐
☆涙の分泌減少とドライアイ
☆唾液の分泌減少による口臭の悪化
☆瞳孔が開きっぱなし(散瞳)
☆瞬膜の露出
☆腹部の膨張
☆食道アカラシア
☆徐脈(不整脈)

 

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

犬のキー・ガスケル症候群の治療

 予後は非常に悪く、仮に回復したとしても自律神経系に何らかの後遺症が残るとされます。

  • 原因が不明なため、必然的に今ある症状に対する対症療法がメインとなります。たとえば涙の分泌が減少してドライアイになっている場合は点眼、食道アカラシアで食後に嘔吐してしまう場合は、食器をやや高い場所においてエサを食べさせる、食欲不振で脱水気味の場合は輸液や強制給餌などです。
  • 自律神経系に働きかける薬が投与されることがあります。しかし効果に関してはあまり期待できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA