犬の腸閉塞(ちょうへいそく)

 腸に何かが詰まって正常に機能しなくなった状態のことです。

 消化管のどこかで閉塞部が発生すると、後から来る消化物が全てその場所でブロックされ、ちょうど水風船をふくらませるように後方に膨らみが形成されます。この状態が腸閉塞です。なお閉塞が、何か大きな障害物が詰まったのではなく、胃、小腸、大腸における蠕動運動の停止によって引き起こされた場合は、特に「無力性イレウス」とも呼ばれます。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

主な症状
☆元気が無くなる
☆食欲不振
☆腹痛(触ると痛がる・背中を丸める)
☆嘔吐
☆水をよく飲む

 

犬の腸閉塞の主な原因

  • 消化されないような異物を間違って飲み込み、それが腸管内に詰まってしまうことがあります。
  • 腸管内にできた腫瘍が通過道を塞いでしまうことがあります。
  • 炎症や腫瘍などで腸の周辺臓器が肥大し、腸管を圧迫して閉塞部を形成してしまうことがあります。
  • 胃腸の手術をした後、一時的に蠕動運動が停滞し、腸閉塞を起こすことがあります。
  • 腸捻転(ちょうねんてん) ジステンパーなどの感染症や寄生虫などが原因で腸が捻れ、そこで閉塞部を形成してしまうことがあります(腸重積)。
  • 血中の電解質濃度が異常だと、腸の蠕動運動が阻害されることがあります。具体的には、低カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシム血症などです(無力性イレウス)。
 

犬の腸閉塞の主な治療法

  • 腸閉塞は多くの場合、他の何らかの疾患に続発する形で発症しますので、まずは基礎疾患を見極め、それに応じた適切な治療を施します。
  • 症状が重篤で緊急を要すると判断された場合や、待っていても閉塞部が自然解消されないと判断された場合は、開腹手術によって腸管の閉塞部を除去します。
  • 犬が間違って飲み込んでしまいそうなものを部屋の中する一掃することが予防につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA