犬の逆まつげ(さかまつげ)

 本来外側に向かって生えるべき上まぶたのまつげが、眼球に向かって生えている状態を言います。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

主な症状
☆まばたきの増加や減少(目をつぶってしまう)
☆涙の増加
☆目やにの増加
☆前足で目をこすろうとする
☆目の周辺が腫れる
角膜炎結膜炎の症状

 

犬の逆まつげの主な原因

 

犬の逆まつげの主な治療

  • 乱生まつげの治療 まつげの生えている場所自体は正常なため、まつげの生える方向を矯正します。具体的には顔のしわの切除や眼瞼内反症の矯正などです。
  • 重生まつげの治療 多くの場合治療を必要としませんが、まつげが明らかに角膜に触れているような場合は、焼灼によって重生部位を永久脱毛します。
  • 異所性まつげの治療 100%角膜と接触しますので、まつげとそれに付随するマイボーム腺を切除します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA