犬の膣炎(ちつえん)

 メス犬の生殖器である膣内部に炎症が発生した状態のことです。

主な症状
☆膣が赤く腫れている
☆ねばねばしたおりもの
☆こまめにおしっこをする
☆股間をしきりに舐める

 

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

犬の膣炎の主な原因

  • 発情期を迎える前のメス犬における膣炎の原因は、多くの場合、生殖器の先天的な奇形に伴う尿や糞便による汚染です。具体的には異所性尿管(いしょせいにょうかん)や膣の先天異常などが挙げられます。前者は尿管が尿道や膣に開口している状態のことです。また後者の例としては、膣の内部がまるで巾着袋の取り出し口のようにすぼまった「円形狭窄」、膣弁が垂直に残った「帯状狭窄」、膣の内腔が全体的に狭まった「膣腔狭窄」などが挙げられます。
  • 発情期を迎えた後のメス犬における膣炎の原因としては、ウイルス(ヘルペス)、細菌(パスツレラ・レンサ球菌・大腸菌・マイコプラズマ・クラミジア・ブルセラカニス)、化学的刺激、交尾による膣壁の損傷、腫瘍(可移植性性器肉腫・平滑筋腫)、異物、薬(アンドロゲン)など、様々なものが考えられます。

 

犬の膣炎の主な治療法

  • 発情期を迎える前の膣炎 生殖器の先天的な奇形があり、なおかつ膣炎が何度も再発しているような場合は、外科手術が行われます。具体的には「会陰切開術」といって、犬の肛門から外性器の間にある領域に切れ目を入れ、狭窄部位の修復や尿道乳頭の露出などを行います。
  • 発情期を迎えた後の膣炎 ウイルスや細菌が原因と考えられる場合は、抗生物質や抗菌薬の投与と共に膣洗浄が行われます。またブルセラ症に感染している場合は、患犬の隔離と共に卵巣と子宮の摘出術が考慮されます。その他、化学的刺激、腫瘍、異物などが原因の場合は、それらの除去が優先されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA