犬の白内障

 眼球内にある水晶体と呼ばれる組織が白く濁ってしまった状態のことです。

 白内障とよく似た外観になる病気として「核硬化症」(かくこうかしょう)があります。これは加齢に伴って発生する水晶体の硬化と白濁であり、通常は視覚障害を伴いません。初期の白内障と鑑別する際は「徹照法」(てっしょうほう)と呼ばれる方法が用いられます。これは瞳孔の中に光を照射し、眼球の奥にあるタペタム層からの反射光を観察するというものです。白内障では水晶体の濁りによって途中で光が遮られ、灰~黒の点が現れますが、核硬化症の場合はこうした不連続な部位が現れません。

主な症状
☆瞳孔の奥が白く変色
☆視力の悪化
☆障害物にぶつかるようになる
ブドウ膜炎
網膜剥離

 

犬の白内障の段階

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

未熟白内障 水晶体の一部が白濁している状態。

成熟白内障 水晶体全体が完全に白濁した状態。

過熱白内障 水晶体の白濁が進行し、融解が起こった状態。眼球の中に融けた残存物を見ることができる。

 

犬の白内障の主な原因

 

犬の白内障の主な治療法

  • 疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした治療が施されます
  • 水晶体が融解して「過熱白内障」に進行し、ブドウ膜炎網膜剥離を引き起こす危険性がある場合は外科手術が行われます。方法は、高周波の振動で水晶体を破壊して吸い取ってしまう「水晶体乳化吸引術」や、水晶体を外科的に取り除く摘出術などです。水晶体があった場所には人工の眼内レンズが装着されることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA