犬の気管支狭窄(きかんしきょうさく)

 気管、もしくは気管に続く気管支と呼ばれる部分が狭くなり、空気がうまく通過できなくなった状態を言います。
 気管(きかん)とは、のどと肺を結ぶ管のような器官で、C字形の軟骨が連続して外側を囲み、首の動きに合わせて柔軟に変形するようにできています。この気管から枝分かれした部分が気管支(きかんし)です。
 気管の持つ柔軟な構造は、首を激しく動かしても損傷を受けにくいという面がある一方、外側から押されると容易に変形してしまうという側面も同時に持っています。そしてこの変形しやすいという側面が、気管支狭窄の主な理由です。

主な症状
☆呼吸困難
☆チアノーゼ(口内が青紫)

 

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

犬の気管支狭窄の主な原因

  • 気管の目詰まり 気管や気管支に異物が挟まり、目詰まり状態を起こすことがあります。多いのは本来口に入れるべきではないものを食べてしまう誤飲・誤食ですが、具体的には誤飲・誤食リストをご参照ください。これらは飼い主の心構えによって予防できる要因です。
  • 外側からの圧迫 気管そのものに異常は無くても、気管の外側に炎症や腫瘍があると、それらの病変部が気管を圧迫し、狭くなってしまうことがあります。

犬の気管支狭窄の主な治療法

  • 別の疾病によって気管支狭窄が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。たとえば腫瘍を除去したり、気管支周辺の炎症を軽減するなどです。
  • 何らかの異物が気管支の内部で目詰まりを起こしている場合は、その異物事体を取り除きます。麻酔をかけて内視鏡で取り出したり、困難な場合はのどや胸を切開して除去します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA