犬の眼瞼炎(がんけんえん)

 瞼(まぶた)の周辺に炎症が発生した状態のことです。上まぶた(上眼瞼)と下まぶた(下眼瞼)のどちらにも起こりえます。
 結膜炎角膜炎を伴うことも少なくありません。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

主な症状
☆目の周りが赤く腫れる
☆目の周囲の脱毛
☆前足で目をこすりたがる
☆目の周囲が化膿する
☆まばたきが多くなる
☆涙が多くなる

 

犬の眼瞼炎の主な原因 

  • まぶたに対する何らかのストレスが炎症を引き起こすことがあります。具体的にはトゲが刺さる、虫に刺される、やけどするなどです。
  • 先天的、後天的な異常がまぶたにあると、炎症の引き金になることがあります。具体的には、眼瞼内反症眼瞼外反症逆まつげ、兎眼(とがん=まぶたを閉じきれない)などです。
  • 他の疾患に引き続く形で眼瞼炎が発症することがあります。具体的には結膜炎角膜炎ドライアイなどです。目が気になってこすっているうちに眼瞼に傷がつくというパターンで発症します。
  • 真菌(皮膚糸状菌)、細菌、寄生虫(ヒゼンダニ・ニキビダニ)への感染が眼瞼炎を引き起こすことがあります。

 

犬の眼瞼炎の主な治療法

  • 眼瞼炎が他の疾患によって引き起こされている場合は、根本的な原因となっている基礎疾患への治療が優先されます。感染症が疑われる場合は抗生物質、抗真菌薬を投与するなどです。
  • 犬が目をこすろうとする場合は、エリザベスカラーを装着して炎症の悪化を防ぎます。まぶたの怪我が治るまでの一時的な措置としては有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA