離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

犬の問題行動予防 完全ガイド

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

問題行動予防トレーニング

  • タイムアウトルール

 問題行動を予防する為には、タイムアウト(一時中断)が最も良い方法です。犬に対して注目せず、声も掛けず、一定時間「空気」のように扱って下さい。
 家族全員がこのルールに従う必要があり、以下のような「問題行動の前兆」が見られた瞬間に行って下さい。
 しばらくタイムアウトし、犬が大人しくなった瞬間におやつをあげて下さい。

問題行動の前兆 問題行動

気を引くためキャンキャン吠える

無駄吠え

顔や鼻をなめる

なめ癖

飛びつきじゃれかかる

飛びつき

ぴったりとあとをついてくる

分離不安

手を甘噛みする

噛み癖

  • リラックスシグナル

 

 リラックスシグナルとは、犬がリラックスとリンクしたある特定の環境刺激のことです。
 たとえば、飼い主の臭いのついたタオルの上で寝ている時に、優しくマッサージしてあげると、犬は、そのときのリラックス状態と飼い主の臭いのついたタオル(環境刺激)がリンクします。
  問題行動が起こりそうなときにこうしたリラックスシグナルを使用すると、犬の不安や恐怖を取り除いてくれる効果があります。

  • フォーマットトレーニング

 犬の状態を初期化(フォーマット)するためのトレーニングです。「初期化」とは「アイコンタクト」や「オスワリ」、「マテ」のことを指し、食事、散歩、遊び、ふれあい、マッサージ、グルーミングなど、犬にとっての様々な刺激の前、または問題行動が見られた瞬間に、必ず犬をフォーマットさせます。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA