離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

犬は人よりも熱中症リスクが高い!?

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

 夏になると、熱中症による救急搬送の件数や死亡者数など、連日ニュースで熱中症の話題が報道されます。
 しかし、熱中症は人だけがなるものではないのです。
 実は、犬は人よりも熱中症になるリスクが高いのです。

 そもそも全身を毛で覆われた犬は体温調節が苦手で、犬種によっては、極端に暑さに弱い子もいます。
 また、人間の子供と一緒で、体高が低い為、地面からの熱を受けやすく、場所によっては、気温が35℃の場合、50℃以上の体感温度になる場合もあります。

 犬は話す事も、涙を流して訴える事も出来ません。だから、「大丈夫だろう」と安易に軽く考えてしまう事もあるかも知れません。
 しかし、それは大きな間違いです!
 逆に「犬は暑さに弱いんだ」と認識し、自分たち以上に考えてあげて下さい。

 では、具体的に、どのような場所が犬にとって危険なのでしょうか――。

エアコンの効いた屋内でも危険!「日当たりのよい室内」

日当たりのよい部屋や窓辺などの場所は注意が要必要です。たとえエアコンを使っていたとしても、温度が上がりやすく、熱中症リスクは高まります。 夏場はカーテンを閉めて遮光対策を徹底し、サークルなどを窓の近くには置かないようにしましょう。

芝生よりも15℃暑い?「日中のアスファルト」

散歩中にも注意が必要です。特にアスファルトは熱を吸収するため、芝生に比べて温度が約15℃以上も上がりやすく、日が落ちた後でも温度が下がりにくいので注意しましょう。 
また。地面の熱で犬の足がヤケドする事も多いので、十分に注意しましょう。

危険度No.1!「車内」

当然ですが、車の中は熱中症の危険度も高い場所です。とくにエアコンがついていない車内は非常に高温になり、たとえ窓を開けていたとしても数分で犬の命を奪いかねません。 また、エアコンがついている場合でも、窓の近くなど日が当たる場所は高温になりやすいので、車内では細心の注意を払いましょう。

 犬たちの大事な命は、あなた次第です。
 十分過ぎる程、注意してあげましょう!

最後に

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、「こちらは保険外です」なんて事にならないように、
 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら⇒保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA